ライス・ペーパー(英語表記)rice paper; cigarette paper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライス・ペーパー
rice paper; cigarette paper

シガレット・ペーパーともいう。巻たばこ用の薄葉紙。麻繊維またはさらし木材パルプを加えたものを原料とし,これに填料を加えてつくる。填料は炭酸カルシウム約 30%を配合し,燃焼をよくするため,微量の硝酸カリウムを添加する。適度の燃焼性をもち,無味無臭,水に強く,糊づけのよいことなどの特性が必要である。日本での標準坪量は,1m2あたり 21,22,24gの3種類である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android