コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライブハウス ライブハウス live house

3件 の用語解説(ライブハウスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ライブ‐ハウス(live house)

ジャズ・ロックなどの生演奏をきかせる店。ライブスポット

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ライブハウス

live+house〕
ジャズやロックの生演奏を聴かせる店。ライブ-スポット。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ライブハウス
らいぶはうす
live house

生演奏のレコードを「ライブ盤」というように、ライブとは日本語の「生(なま)」のことであり、生演奏を聞かせる酒場または喫茶店をさす。現在のようなライブハウスの形態の発祥は、ニューヨークのグリニジ・ビレッジで、1945年にフォーク歌手たちがコーヒー・ショップで歌い出したのがその始まりとされている。それ以前にも、アメリカ南部のミシシッピ川のデルタ地帯に多くあったホンキートンク(ピアノ演奏酒場)、あるいはシカゴなどの大都市にあったブルース・クラブやジャズ酒場などが盛んであった。これらがライブハウスの確立の基礎となったのである。日本では、60年代前半にジャズ系のものとカントリー・アンド・ウェスタン系のものが大都市に現れて、それに加えて70年代前半にはフォーク系のものとロック系のものがつくられた。ただし、ライブハウスという名称が一般に使われだしたのは70年代前半からである。90年代からは、路上で演奏するいわゆるストリート・ミュージシャンが増え、そのなかでライブハウスに出演する者も出ている。レコードでは味わえない生の演奏を目の前で聴けるのが、音楽愛好者にとってのライブハウスの魅力であり、一方、今後も若い演奏家にとってライブハウスは修業の場であり登竜門となっていくであろう。[安達正嗣]
『岩永文夫著『ぼくらのライブハウス――エキサイティングなライブの世界』(1984・音楽之友社) ▽ロビー・ウォリヴァー著、左京久代訳『フォーク・シティー――151人のアーティストが語るNYライブハウスの興亡』(1990・晶文社) ▽毎日グラフアミューズ編集部編『ジャズ・スポット徹底ガイド――食べて飲んで楽しい!東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・123店』(1999・毎日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライブハウスの関連キーワード気を利かせるジャズ喫茶生演奏幅を利かせる羽振りを利かせるフリージャズホットジャズジャズスポット睨みを利かせるライブスポット

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ライブハウスの関連情報