ライ麦(読み)ライむぎ

精選版 日本国語大辞典「ライ麦」の解説

ライ‐むぎ【ライ麦】

〘名〙 イネ科の一年草または越年草。カフカス・小アジア原産で、ロシア、ヨーロッパ、アメリカなどで栽培される。日本には、明治初期に導入され、主に北海道で栽培される。高さ一~二メートル。コムギに似ているが丈が高く葉はやや小さくて耐寒性が強い。初夏、稈の頂に長さ一〇センチメートルぐらいのやや扁平な円柱状の花をつける。黒パンウイスキーなどの原料となり、また、飼料・緑肥にされる。くろむぎ。ライ。〔外来語辞典(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ライ麦」の解説

ライ‐むぎ【ライ麦】

イネ科の越年草。高さ1.5~3メートル。耐寒性が強く、コムギより穂が長く、実も細長い。実を製粉して黒パンを作るほか、芽はウオツカビールの原料、穂にできる麦角ばっかくは薬用とする。小アジアの原産で、東ヨーロッパを中心に栽培。日本には明治初期に導入、主に北海道で栽培。くろむぎ。なつこむぎ。ライ。 夏》
[類語]小麦大麦裸麦烏麦燕麦鳩麦押し麦き割り麦

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「ライ麦」の解説

ライムギ【ライ麦 rye】

子実を食用や飼料とするために栽培されるイネ科の二年草(イラスト)。葉の葉身の長さは10~25cmほどで,青色がかった緑色である。出穂して草丈は1.5~2.5mに達し,冬作のイネ科作物ではもっとも高くなる。穂は長さ10~18cmで,穂軸にが約30あり,各節に,小穂が1個ずつつく。小穂は3小花からなるが,最上部の小花は不稔となることが多い。小花の外側えい)の先端は長い芒(のぎ)となる。(穎果)はやや細長く,背面に縦溝があり,表面にしわが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のライ麦の言及

【麦】より

コムギオオムギライムギエンバクなどの植物やその子実の総称。単に麦といえばとくにオオムギとコムギとを区別せずに示す場合が多い。…

※「ライ麦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android