ライ麦(読み)ライムギ

  • ライ麦 rye

デジタル大辞泉の解説

イネ科の越年草。高さ1.5~3メートル。耐寒性が強く、コムギよりが長く、実も細長い。実を製粉して黒パンを作るほか、麦芽はウオツカビールの原料、穂にできる麦角(ばっかく)薬用とする。小アジアの原産で、東ヨーロッパを中心に栽培。日本には明治初期に導入、主に北海道で栽培。くろむぎ。なつこむぎ。ライ 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

子実を食用飼料とするために栽培されるイネ科の二年草(イラスト)。葉の葉身の長さは10~25cmほどで,青色がかった緑色である。出穂して草丈は1.5~2.5mに達し,冬作のイネ科作物ではもっとも高くなる。穂は長さ10~18cmで,穂軸にが約30あり,各節に,小穂が1個ずつつく。小穂は3小花からなるが,最上部の小花は不稔となることが多い。小花の外側えい)の先端は長い芒(のぎ)となる。(穎果)はやや細長く,背面に縦溝があり,表面にしわが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

イネ科の越年草。カフカス・小アジア原産。ロシア連邦・北欧諸国で作物として栽培。耐寒性があり、やせ地によく育つ。高さ約1.5メートル。穂は長さ約15センチメートル。果実は緑褐色または紫色で、製粉して黒パンを作る。穂につく麦角ばつかくは薬用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 イネ科の一年草または越年草。カフカス・小アジア原産で、ロシア、ヨーロッパ、アメリカなどで栽培される。日本には、明治初期に導入され、主に北海道で栽培される。高さ一~二メートル。コムギに似ているが丈が高く葉はやや小さくて耐寒性が強い。初夏、稈の頂に長さ一〇センチメートルぐらいのやや扁平な円柱状の花穂をつける。黒パン、ウイスキーなどの原料となり、また、飼料・緑肥にされる。くろむぎ。ライ。〔外来語辞典(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のライ麦の言及

【麦】より

コムギオオムギライムギエンバクなどの植物やその子実の総称。単に麦といえばとくにオオムギとコムギとを区別せずに示す場合が多い。…

※「ライ麦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ライ麦の関連情報