烏麦(読み)カラスムギ

デジタル大辞泉の解説

からす‐むぎ【×烏麦】

イネ科の越年草。高さ約1メートル。葉は細長い。夏、小穂を円錐状につける。ヨーロッパ・北アフリカの原産。エンバクはこの改良品種という。ちゃひきぐさ。 夏》
エンバクの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

からすむぎ【烏麦】

イネ科の越年草。エンバクに似たヨーロッパ原産の畑の雑草。茎は高さ80センチメートルぐらい。エンバクは本種が作物化されたものと考えられる。チャヒキグサ。
エンバク(燕麦)の別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

からす‐むぎ【烏麦】

〘名〙
① イネ科の一年草。西アジアおよびヨーロッパ原産の帰化植物で、畑地廃地などに生える。は高さ三〇~八〇センチメートルになり、初夏、稈の先端部に小穂を円錐状にまばらにつける。各小穂は長さ約二センチメートルのツバメに似た形で、二~三個の緑色の小花をつける。烏の食べる麦の意からこの名がある。ちゃひき。すずめむぎ。《季・夏》 〔医心方(984)〕
俳諧・桃の実(1693)「秋しらぬ茂も憎しからす麦〈其角〉」
② 中国産の大麦の栽培品種「麦(こうばく)」の和名。〔十巻本和名抄(934頃)〕
黒穂病(くろぼびょう)におかされて穂の黒くなった麦。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
⑤ 植物「かもじぐさ(髢草)」の異名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android