ラッセン[山](英語表記)Lassen Peak

世界大百科事典 第2版の解説

ラッセン[山]【Lassen Peak】

アメリカ合衆国カリフォルニア州北部の活火山。カスケード山脈南端部に位置し,標高3187m。1916年創設のラッセン火山国立公園の中心をなす。1914‐21年に火山活動をし,溶岩を流出した。マンザニタ湖をはじめとする美しい湖や森林に恵まれ,ハイキング,釣り,キャンプ,スキーなどの絶好の行楽地である。白人によって発見されたのは1821年で,山名はデンマーク人の開拓者ピーター・ラッセンにちなむ。【矢ヶ崎 典隆】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android