コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスケード山脈 カスケードさんみゃく Cascade Range

翻訳|Cascade Range

4件 の用語解説(カスケード山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスケード山脈
カスケードさんみゃく
Cascade Range

アメリカ合衆国,カリフォルニア州北部のラッセン山(3187m)から,カナダ,ブリティシュコロンビア州南部のフレーザー川までの 1100kmに及ぶ山脈。レーニア山(4392m)を最高峰として,シャスタ山(4317m),アダムズ山(3751m),フッド山(3425m),セントヘレンズ山(2549m)などの諸峰が連なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カスケード‐さんみゃく【カスケード山脈】

Cascade》北アメリカの太平洋岸を南北に連なる山脈。最高峰はレーニア山の4392メートル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

カスケードさんみゃく【カスケード山脈】

〔Cascade〕 アメリカ合衆国の太平洋岸を南北に走る新期褶曲山脈。最高峰は海抜4392メートルのレーニア山。長さ1130キロメートル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カスケード山脈
かすけーどさんみゃく
Cascade Range

カナダのブリティッシュ・コロンビア州南部からアメリカ合衆国カリフォルニア州北部まで南北に延びる山脈。ロッキー山脈とは国境付近でオカノガン川により境され、シエラ・ネバダ山脈とはフェザー川で分けられる。北からベーカー(3285メートル)、レーニア(4392メートル)、フード(3424メートル)、シャスタ(4317メートル)、ラッセン(3186メートル)など3000メートル以上の高山が九つあり、いずれも火山である。1980年に噴火したセント・ヘレンズ山(2549メートル)もこの山脈に属する。変成岩が露出するシエラ・ネバダと違い、火山岩が全面を覆い、国境以北で花崗(かこう)岩が露出する。西側斜面は降水量が豊富なため材木生産と水力発電が行われ、東側はおもに放牧が営まれる。[鶴見英策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カスケード山脈の関連キーワードカリフォルニア米カリフォルニアカリフォルニア・ドリームカリフォルニア・ドールズカリフォルニア・レーズンデーカリフォルニケーション夢のカリフォルニアカリフォルニア・バレエ団カリフォルニア・スパングルカリフォルニア大学バークレー校

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カスケード山脈の関連情報