コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスケード山脈 カスケードさんみゃくCascade Range

翻訳|Cascade Range

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスケード山脈
カスケードさんみゃく
Cascade Range

アメリカ合衆国,カリフォルニア州北部のラッセン山(3187m)から,カナダ,ブリティシュコロンビア州南部のフレーザー川までの 1100kmに及ぶ山脈レーニア山(4392m)を最高峰として,シャスタ山(4317m),アダムズ山(3751m),フッド山(3425m),セントヘレンズ山(2549m)などの諸峰が連なる。ラッセン山以外はほとんどが火山で,海岸から 150~250kmのところにある。その多くの山体は氷河と河川の浸食作用で開析されており,コロンビア川横谷をつくって山脈を南北に切っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カスケード‐さんみゃく【カスケード山脈】

Cascade》北アメリカの太平洋岸を南北に連なる山脈。最高峰はレーニア山の4392メートル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

カスケードさんみゃく【カスケード山脈】

〔Cascade〕 アメリカ合衆国の太平洋岸を南北に走る新期褶曲山脈。最高峰は海抜4392メートルのレーニア山。長さ1130キロメートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カスケード山脈
かすけーどさんみゃく
Cascade Range

カナダのブリティッシュ・コロンビア州南部からアメリカ合衆国カリフォルニア州北部まで南北に延びる山脈。ロッキー山脈とは国境付近でオカノガン川により境され、シエラ・ネバダ山脈とはフェザー川で分けられる。北からベーカー(3285メートル)、レーニア(4392メートル)、フード(3424メートル)、シャスタ(4317メートル)、ラッセン(3186メートル)など3000メートル以上の高山が九つあり、いずれも火山である。1980年に噴火したセント・ヘレンズ山(2549メートル)もこの山脈に属する。変成岩が露出するシエラ・ネバダと違い、火山岩が全面を覆い、国境以北で花崗(かこう)岩が露出する。西側斜面は降水量が豊富なため材木生産と水力発電が行われ、東側はおもに放牧が営まれる。[鶴見英策]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カスケード山脈の関連キーワードマウント・レーニア国立公園セントヘレンズ火山国定公園クレーター・レーク国立公園ノース・カスケード国立公園ノースカスケーズ国立公園クレーターレーク国立公園ニューベリー火山国定公園シエラ・ネバダ[山脈]カスケード・トンネルラッセン火山国立公園レーニア山国立公園グレート・ベースンコロンビア[川]カスケードループワシントン[州]ピュージェット湾レーニア[山]コロンビア盆地ラッセン[山]ウィラメット川

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android