コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラフリン ラフリンLaughlin, Robert B.

2件 の用語解説(ラフリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラフリン
ラフリン
Laughlin, Robert B.

[生]1950.11.1. カリフォルニア,ビザリア
アメリカ物理学者1979年マサチューセッツ工科大学で博士号を取得。 89年よりスタンフォード大学教授。 K.クリッツィングが 1980年代に発見した量子ホール効果に関する研究を続けていたが,82年に H.L.シュテルマーと D.C.ツイが発見した新たなホール効果に対し,翌 83年に画期的な理論的説明を与えることに成功した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラフリン
らふりん
Robert B. Laughlin
(1950― )

アメリカの理論物理学者。カリフォルニア州生まれ。1968年にカリフォルニア大学バークリー校に入学。兵役を経て、1974年からマサチューセッツ工科大学(MIT)で大学院生として研究を開始。1979年に博士を取得した。修了後、固体物理学研究の中心地だったベル研究所の理論グループに参加。その後、ローレンスリバモア国立研究所に移籍。1989年スタンフォード大学教授となる。
 ベル研究所のD・ツイ、H・シュテルマーが1982年に実験的に発見した「分数量子ホール効果」を説明する理論の論文を、発見から1年を待たずに書き上げた。半導体を絶対零度(零下273.15℃)近くまで冷やし強い磁場をかけると、電気の流れと直角の方向に特殊な電気抵抗が生まれる。このとき電流は「量子流体」とよばれる特別な状態になっており、半導体の抵抗値はとびとびの値をとる。この「整数量子ホール効果」はK・クリッツィングが1980年に発見し、それによって1985年のノーベル物理学賞を受賞しているが、ツイたちは、クリッツィングが発見した飛び飛びの値以外にも、別の抵抗値が生まれることを発見した。この分数量子ホール効果を説明する新しい理論が組み立てられ、人類にとって20世紀最大級の知の枠組みともいわれる量子力学が、ますます磐石(ばんじゃく)になった。分数量子ホール効果を理論的に解明した業績で、この現象を実験で発見したツイ、シュテルマーとともに1998年のノーベル物理学賞を受賞した。[馬場錬成]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラフリンの関連キーワード冤罪現代資本主義中南米映画人口爆発日野TH10型トラックATG国勢調査社史新日本文学女性団体

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラフリンの関連情報