ラブラドル半島(読み)ラブラドルハントウ(英語表記)Labrador Peninsula

デジタル大辞泉 「ラブラドル半島」の意味・読み・例文・類語

ラブラドル‐はんとう〔‐ハンタウ〕【ラブラドル半島】

Labrador Peninsulaカナダ東部大西洋セントローレンス湾ハドソン湾に囲まれた大半島ケベック州ニューファンドランドアンドラブラドル州に属す。カナダ楯状地一部であり、中央部はラブラドル高原とよばれ、氷河湖が多い。北部ツンドラ南部針葉樹林に覆われる。北東部沿岸はフィヨルドが発達し、良港に恵まれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「ラブラドル半島」の意味・読み・例文・類語

ラブラドル‐はんとう‥ハンタウ【ラブラドル半島】

  1. ( ラブラドルはLabrador ) 北アメリカ北東部、ハドソン湾と大西洋の間に突き出た三角状の半島。カナダ楯状地の一部分。内陸部は氷河湖が多く、常住人口は少ない。大西洋沿岸部は良港にめぐまれ、タラ・サケ漁が行なわれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「ラブラドル半島」の意味・わかりやすい解説

ラブラドル半島 (ラブラドルはんとう)
Labrador Peninsula

カナダ東部,大西洋とハドソン湾に囲まれた大半島。面積138万km2。カナダ楯状地の一部を形成し,古い花コウ岩が多い。丘陵,台地性で,洪積期に大陸氷河におおわれていたため,いたるところに大小の湖がある。最高点はディバービル山(1646m)。針葉樹林帯が広がるが,北東・北西の海岸部はツンドラ帯に属し,とくに北東海岸にはフィヨルドが発達する。先住民であるエスキモーイヌイット)は北部ツンドラ帯で生活し,アルゴンキン諸族ナスカピ族などのインディアンは内陸部でカリブートナカイ)を狩猟して暮らしていた。18世紀になって,白人の毛皮商人が北東部海岸沿いに入植をはじめた。現在,大西洋沿岸では漁業がおもな産業で,豊富なタラをはじめ,サケ,ニシンなどが漁獲される。またシェファービルの高品位鉄鉱石など内陸部の鉱物資源に恵まれるほか,チャーチル・フォールでは大規模な水力発電ダムが建設され,沖合の天然ガスの開発がすすめられている。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ラブラドル半島」の意味・わかりやすい解説

ラブラドル半島
らぶらどるはんとう
Labrador

カナダ東部の大半島。大西洋、ハドソン海峡、ハドソン湾、セント・ローレンス湾に囲まれる。東側の大西洋沿岸はニューファンドランド州、中部以西はケベック州に含まれる。面積約138万平方キロメートル。ほぼ全域が地球上でもっとも古い片麻(へんま)岩、結晶片岩で構成され、安定した陸塊のカナダ楯状地(たてじょうち)(ローレンシア高地)の東部を占める。最高点はディバービル山(1646メートル)で、標高300~1500メートルの地域が広がる。氷河期に覆った大陸氷の侵食による無数の氷河湖がある。北部は低木・地衣ツンドラ地域、南部は針葉樹林帯である。居住地は鉄鉱を産し、セント・ローレンス湾岸に鉄道で通ずるシェファービル、ワバシュ、ガグノン、東岸のグースベイ、北岸のフォートシモなどがおもなもので、ハドソン湾岸、アンガバ湾にはイヌイットが居住する。南部では水力開発が盛んであり、最近は沖合いで天然ガスの開発が進められている。

[大竹一彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「ラブラドル半島」の意味・わかりやすい解説

ラブラドル半島【ラブラドルはんとう】

カナダ東部,大西洋に突出した半島。西はハドソン湾,南東はセント・ローレンス湾に面する。安定したカナダ楯(たて)状地の一部で,中央部はラブラドル高原をなす。ケベック州とニューファンドランド・ラブラドル州に分属するが,氷食でやせ地が多く経済活動は振るわない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社世界史事典 三訂版 「ラブラドル半島」の解説

ラブラドル半島
ラブラドルはんとう
Labrador

カナダ東部,セントローレンス湾とハドソン湾との間の半島
1000年ごろノルマン人が渡ったと伝えられる。1497年カボット父子がイギリス王ヘンリ7世の命を受けた航海の途上発見した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ラブラドル半島」の意味・わかりやすい解説

ラブラドル半島
ラブラドルはんとう

ラブラドル」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android