コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラミア Lamía

翻訳|Lamía

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラミア
Lamía

ギリシア,バルカン半島部南部の都市。アテネの北西約 150km,エーゲ海のマリアコス湾沿岸の平野に位置する。前5世紀マリス地方の中心地として建設された。前4世紀後半マケドニアの勢力下に入り,前 323~322年にはこの地でマケドニア軍が第2アテネ同盟軍により包囲された (ラミア戦争) 。前 192年アイトリア連盟がセレウコス朝アンティオコス3世を市に招き入れたため,ローマの報復を受け破壊された。中世にはフランク人のアテネ公国の要塞となり,その後カタロニア人,トルコ人の支配を経て,1832年ギリシア領。現在,商工業中心地で,石鹸,綿織物,たばこなどの工業が立地,コムギ,オリーブ,柑橘類などの取引が行われる。アテネとセサロニキを結ぶ幹線鉄道から分岐する支線が,市を通って東約 15kmにある外港スティリス (スティリダ) まで延びる。人口4万 3898 (1991推計) 。

ラミア
Lamia

ギリシア神話で子供をさらって食うとされる女怪。もとは人間の美女であったが,ゼウスの愛人となり,生れた子を次々にヘラに殺されたことを恨んで,自分より幸福な母親に嫉妬し,その子を取って食う妖怪になったという。ヘラは,それでもなお彼女に対する迫害をやめず,眠りを奪ったが,その代りにゼウスがラミアの目を自由に取りはずしできるようにしてやった。それゆえ彼女は,目をはずし容器に入れて眠ることがあり,その間は子供たちは安全であるといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラミア【Lamia】

古代ギリシアの民間伝承で,子どもをさらっていく女怪。言うことを聞かない子どもをおどすのにその名が使われた。彼女はもともとリビアの美少女で,ゼウスに愛されて何人かの子の母となったが,嫉妬したゼウスの妃のヘラにその子を残らず亡きものにされたため,仕返しに他人の子どもをさらって殺すようになったという。のちには,若者を誘惑してとりこにし,その血を吸い肉をくらう美しい魔女と考えられた。【水谷 智洋】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラミア
らみあ
Lamia

ギリシアの神話・民間信仰に現れる女怪。エジプト王ベロスの娘、あるいはポセイドンの娘ともいう。ゼウスに愛されたが、子を産むたびにヘラに狂わされて子殺しを犯し、ついに悲痛のあまり醜怪な容貌(ようぼう)となって、他の女から子を奪っては飲み込むようになったという。また、漂流中のオデュッセウスの部下を食った海の怪物スキラを、ラミアの娘とする説もある。本来は、人間の血を吸い内臓を食う鬼のようなものであったが、のちに乳母(うば)たちが幼児を脅したり寝かせたりするときに使うお化けの名となった。よく似たものに、モルモ、ゲッロ、カルコなどもあるが、これらが固有名詞で、ラミアは総称ともされる。ギリシアでは、迷信が盛んになったローマ期から中世を経て近代になっても、この名は子供を脅すのに使われた。[中務哲郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のラミアの言及

【吸血鬼】より

…これらが,バンパイア,バンピールなどの名に統一・固定されるのは,18世紀以降のヨーロッパにおいてであるが,それ以前にも,またヨーロッパ以外の国々でも,類似の存在は広く知られていた。幼児をさらってその血をすするギリシア神話の女怪ラミア,若者を誘惑して生血を吸うエンプーサ,淫奔残忍なテッサリアの巫女,ポルトガルのブルーカ,アラビアのグール,ドイツのドルドなどがこれである。東洋では日本にも伝来したインド原産の荼枳尼(だきに)天や鬼子母神が知られている。…

※「ラミア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラミアの関連キーワードオーストラリア新安全保障ガイドラインナージャ サレルノ・ソネンバーグデモステネス(雄弁家、政治家)ドミトリー シトコヴェツキーイツァーク パールマンサイモン スタンデイジモロ・イスラム解放戦線ピンカス ズーカーマンシャンタル ジュイエチョン キョンホアバリ島爆弾テロ事件プエルトプリンセサアンティパトロスマイケル レビンアンチパトロスグラムの行列式バハワルプールカラウィット島ポリュペルコンヒュペレイデス

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラミアの関連情報