コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラミア ラミア Lamía

翻訳|Lamía

4件 の用語解説(ラミアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラミア
ラミア
Lamía

ギリシア,バルカン半島部南部の都市。アテネの北西約 150km,エーゲ海のマリアコス湾沿岸の平野に位置する。前5世紀マリス地方の中心地として建設された。前4世紀後半マケドニアの勢力下に入り,前 323~322年にはこの地でマケドニア軍が第2アテネ同盟軍により包囲された (ラミア戦争) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ラミア
ラミア
Lamia

ギリシア神話で子供をさらって食うとされる女怪。もとは人間の美女であったが,ゼウスの愛人となり,生れた子を次々にヘラに殺されたことを恨んで,自分より幸福な母親に嫉妬し,その子を取って食う妖怪になったという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラミア【Lamia】

古代ギリシア民間伝承で,子どもをさらっていく女怪。言うことを聞かない子どもをおどすのにその名が使われた。彼女はもともとリビア美少女で,ゼウスに愛されて何人かの子の母となったが,嫉妬したゼウスの妃のヘラにその子を残らず亡きものにされたため,仕返しに他人の子どもをさらって殺すようになったという。のちには,若者を誘惑してとりこにし,その血を吸い肉をくらう美しい魔女と考えられた。【水谷 智洋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラミア
らみあ
Lamia

ギリシアの神話・民間信仰に現れる女怪。エジプト王ベロスの娘、あるいはポセイドンの娘ともいう。ゼウスに愛されたが、子を産むたびにヘラに狂わされて子殺しを犯し、ついに悲痛のあまり醜怪な容貌(ようぼう)となって、他の女から子を奪っては飲み込むようになったという。また、漂流中のオデュッセウスの部下を食った海の怪物スキラを、ラミアの娘とする説もある。本来は、人間の血を吸い内臓を食う鬼のようなものであったが、のちに乳母(うば)たちが幼児を脅したり寝かせたりするときに使うお化けの名となった。よく似たものに、モルモ、ゲッロ、カルコなどもあるが、これらが固有名詞で、ラミアは総称ともされる。ギリシアでは、迷信が盛んになったローマ期から中世を経て近代になっても、この名は子供を脅すのに使われた。[中務哲郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラミアの言及

【吸血鬼】より

…これらが,バンパイア,バンピールなどの名に統一・固定されるのは,18世紀以降のヨーロッパにおいてであるが,それ以前にも,またヨーロッパ以外の国々でも,類似の存在は広く知られていた。幼児をさらってその血をすするギリシア神話の女怪ラミア,若者を誘惑して生血を吸うエンプーサ,淫奔残忍なテッサリアの巫女,ポルトガルのブルーカ,アラビアのグール,ドイツのドルドなどがこれである。東洋では日本にも伝来したインド原産の荼枳尼(だきに)天や鬼子母神が知られている。…

※「ラミア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラミアの関連キーワード民間伝承ギリシャ語ギリシャ神話ギリシャ文字ギリシア喜劇ギリシア科学《古代ギリシア作家叢書》古代ギリシア文字譜《シチリア民間伝承文庫》民間伝承の会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラミアの関連情報