コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラランド Lalande, André

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラランド
Lalande, André

[生]1867.7.19. ディジョン
[没]1963.11.15. アスニエール
フランスの合理主義哲学者。哲学用語辞典"Vocabulaire technique et critique de la philosophie" (1902~23) の編者として著名。 1904~37年ソルボンヌ,37~40年カイロのフアード1世各大学教授。 22年道徳学アカデミー,45年ベルギー王立アカデミー会員。進化論に反対し,知的,道徳的,社会的進歩は多様な現象のなかにより多くの類似性を発見し,異質を同質化していく解体に存するとした。また常識の原理となる構成された理性に対して,価値判断を司る構成する理性の役割を強調した。主著は『進化の指導理念に対する解体の指導理念』L'Idée de la dissolution opposée à celle de l'évolution (1899) 。

ラランド
Lalande, Joseph-Jérôme Le Français de

[生]1732.7.11. ブルジャンブレッス
[没]1807.4.4. パリ
フランスの天文学者。パリで法律を学んでいた当時から天文学に興味をもち,1751年ベルリンにおもむいて月の観測にあたった。これは同時になされたケープタウンにおける N.ラカイユの観測値と合せることによって月までの距離の精密決定に寄与した。これによりベルリン科学アカデミー会員。のちコレージュ・ド・フランスの天文学教授 (1762) 。 A.クレローの三体問題の理論を発展させ,惑星理論の進歩に貢献。ラランド賞を設ける (1802) など,天文学の研究奨励・普及にも努めた。彼の書物はオランダ語に訳され,鎖国下の日本に持込まれて日本の天文学に影響を与えた。主著『天文学概論』 Traité d'astronomie (1764) 。

ラランド
Lalande(Delalande), Michel-Richard de

[生]1657.12.15. パリ
[没]1726.6.18. ベルサイユ
フランスの作曲家。サンジェルマン・ロセロア聖堂の合唱隊員として音楽を学び,パリの4つの聖堂のオルガン奏者を歴任。ルイ 14世の王女たちの音楽教師をつとめ,1683年宮廷礼拝堂の楽長,1704年宮廷の宗教音楽,室内楽の責任者となった。ベルサイユ楽派の最も重要な作曲家の一人。多くのモテトカンタータ,バレエ音楽,室内楽曲などを残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラランド

フランスの天文学者。1795年パリ天文台長。1751年ベルリンで月の視差を観測。著書《天文学論》(1764年)の部分訳が《ランデ暦書管見》,完訳が《新巧暦書》。

ラランド

ドラランド

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ラランド Lalande, Georg de

1872-1914 ドイツの建築家。
1872年9月6日生まれ。明治36年(1903)に来日し,横浜,神戸,東京などでドイツ新芸術様式による建築物を設計した。大正3年8月4日横浜で死去。41歳。ヒルシュベルク(現ポーランドのイエレニャ-グーラ)出身。作品にトーマス邸,イリス商会,旧オリエンタルホテルなど。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

ラランド

没年:大正3.8.4(1914)
生年:1872.9.6
明治期に来日した建築家。ドイツのヒルシュベルク(現ポーランド)生まれ。明治34(1901)年に上海,青島に渡り,36年に来日,横浜を拠点に住宅作品を数多く手がけ,神戸の旧トーマス邸は「風見鶏の家」として知られる。横浜で急逝

(大川三雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラランド【André Lalande】

1867‐1963
フランスの哲学者。エコール・ノルマル・シュペリウールに学び,1909年から37年までパリ大学教授。アカデミー・デ・シアンス会員。フランス伝統の合理主義に立って,進化主義や生の哲学など当代の哲学を批判し,〈理性〉概念の吟味の上に認識や道徳を基礎づけようとした。《科学哲学講義》(1893,1907)や《理性と規範》(1948)などの著作があるが,とくに《哲学用語辞典》(1902‐23)の編者として有名である。

ラランド【Joseph Jérôme Lefrançois de Lalande】

1732‐1807
フランスの天文学者。イエズス会の学校を出て,パリへ赴き,法律を学ぶ傍ら,天文学,数学に関心を抱き,N.L.deラカイユの喜望峰での観測に呼応して,ベルリンで1751年の月の視差観測に従事,成功を収めた。これによって,若くしてアカデミー・デ・シアンスの天文官となり,62年以降コレージュ・ド・フランスの天文学教授。詳細な惑星運行表の作成から啓蒙的な著作に至る幅広い活躍をした。標準的な天文学の教科書として名高い《天文学論》全2巻(1764)は各国語に翻訳されたが,その第2版(1771‐81)のストラッベArnold Bastian Strabbe(1741‐1805)によるオランダ語訳が日本に伝えられ,高橋至時ら天文方の学者によって一部訳され《ラランデ暦書管見》となり,さらに高橋景保,渋川景佑らによって《新巧暦書》として完成されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ラランド

生年月日:1867年7月19日
フランスの合理主義哲学者
1963年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ラランドの関連キーワードチャールズ・ディリョン パーラインウィリアム・ロバート ブルックスらしんばん座(羅針盤座)P.ファン・デ カンプS.W. バーナムウェルウィッチアルイ[14世]ケープタウンルイス ボスフレーブルグ12月15日らしんばん座クープラン7月11日生年月日レツェル小出兼政モテットカンプラ四分儀座

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android