コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラリック ラリックLalique, René

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラリック
Lalique, René

[生]1860.4.6. マルヌ,エイ
[没]1945.5.5. パリ
フランスの工芸家。パリの装飾美術学校に学び,1885年パリに宝飾工房を開く。 19世紀末におけるフランスのアール・ヌーボーの美術運動の推進者で,金,銀,七宝,宝石などあらゆる種類の材料を使って優美で幻想味豊かな宝飾品や工芸品を制作。一方,精巧な彫金を施した鋳型にガラスを吹込む型吹きガラスを完成し,1900年パリ万国博覧会に出品して注目を浴びた。 20年ガラス工房を手に入れ,表面はサンドブラストでマットし,凸面バフ仕上げしてガラスの光沢を生かす独特の技法や,銀細工を併用した作品を発表。これらの技法は 1920年代に各国のガラス工芸に影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ラリック

フランスの工芸家。マルヌ地方に生まれ,パリの装飾美術学校で学ぶ。動植物をモティーフとする洗練された宝石細工で知られ,アール・ヌーボーの代表的作家となる。1907年からはガラス器を手がけ,作風もアール・デコ様式に変化していった。
→関連項目ジャポニスム東京都庭園美術館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ラリック

《Lalique》フランスの高級クリスタルブランド、ラリックのフレグランス。1992年発表。調香師、ソフィア・グロスマンの作。

ラリック

フランスの高級クリスタル・メーカー。工芸家のルネ・ラリックが、1926年にパリで創業

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラリック【René Lalique】

1860‐1945
フランスの宝石細工師,ガラス工芸家。マルヌ地方に生まれ,パリの装飾美術学校に学び,のち独立,おもにパリで制作。ベル・エポックの風潮のもとに,華麗な装飾的作品で名声を得た。とくに,女優サラ・ベルナールが彼の装身具を好んだことから人気を増し,アール・ヌーボーの代表的作家となった。1910年代より積極的にガラス器の制作に向かい,同時に装身具類からは離れ,作風も変化して,いわゆるアール・デコ様式をとるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のラリックの言及

【アール・ヌーボー】より

…ガレはナンシーで,ガラス器や家具をつくった。またラリックは蛇やトンボをかたどった宝石細工をデザインしている。 また,ポスターや挿絵など街角を飾る複製芸術の分野でも,すばらしい作家が輩出した。…

【ガラス工芸】より

…その新鮮で高い芸術的水準はヨーロッパのガラスの世界に衝撃を与え,ガラス工芸に新しい動向を生み出していった。このアール・ヌーボーのガラスも,1904年ガレの死とともに急激に影をひそめ,代わって1910年代から,R.ラリックによるアール・デコ様式のガラスが出現した。この頃からガラス工芸は,一品制作を主体とする芸術的作品を作ろうとする工芸作家と,大量生産を前提とする工業デザイナーとの分化が始まる。…

※「ラリック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラリックの関連キーワードラリック・プール・オム・エキュウス神奈川県足柄下郡箱根町仙石原リーベル・ユディキオルムクリエイション・ラリック長崎県佐世保市鵜渡越町ブルグンドローマ人法マーシャル諸島共和国ブケ・ドゥ・フォーヌキャサリン バイロンテオドリック王告示アラリック(2世)クウェジェリン環礁箱根ラリック美術館エニウェトク環礁クワジャリン環礁ロンゲラップ環礁ジャルート環礁マーシャル諸島オリュンピウスラタック諸島

ラリックの関連情報