コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラルボー ラルボーLarbaud, Valery Nicolas

6件 の用語解説(ラルボーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラルボー
Larbaud, Valery Nicolas

[生]1881.8.29. ビシー
[没]1957.2.2. ビシー
フランスの作家。鉱泉経営者の家に生れ,恵まれた幼少年時代をおくった。パリで学びヨーロッパ各地を旅行,1908年『富裕な好事家の詩篇』 Poèmes par un riche amateurを発表。続いて小説『フェルミナ・マルケス』 Fermina Marquez (1911) ,上記の詩集と散文から成る『A. O.バルナボートの詩と日記』 A. O. Barnabooth,Ses Œuvres complètes...ses Poésie et son Journal intime (13) ,『子供心』 Enfantines (18) などを発表,少年少女あるいは青年の微妙な心理を美しい筆致で描いた。また,ジョイスをはじめとする英米,イタリアスペインの作家の翻訳・紹介に努め,『恋人たち,幸福な恋人たち』 Amants,heureux amants (29) では「内的独白」の手法を試みた。晩年の約 20年間は脳出血による半身不随のため一切の文学活動を停止。ほかに,エッセー『読書-この罰せられざる悪徳』 Ce vice impuni: la lecture (25) ,『日記』 Journal (55) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ラルボー(Valery Larbaud)

[1881~1957]フランスの詩人・小説家。精細な心理描写を特色とし、コント・詩・日記の3部からなる「A=O=バルナブース全集」などにより、文学的コスモポリタニズムの先駆者となった。ほかに小説「フェルミナ=マルケス」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ラルボー

フランスの作家。富裕な家に生まれ,ヨーロッパ各地を旅行。数ヵ国語に通じたコスモポリタン。《NRF(エヌエルエフ)》誌の協力者。架空の若い富豪の詩と日記からなる《バルナブース全集》(1908年―1913年)が代表作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラルボー【Valéry Larbaud】

1881‐1957
フランスの作家。ビシーの裕福な鉱泉経営者の息子で,少年時代からヨーロッパ各地を旅行し,《ある富める好事家の詩》(1908)を自費出版して,A.ジッドに認められた。それに日記を加えた《バルナブース全集》(1913)は,自由を求める青年A.O.バルナブースのぜいたくな旅行という形で,異国の風物との新鮮な接触を記録し,コスモポリタン文学の先駆となった。《フェルミナ・マルケス》(1911)では,外国人子弟の多い中学での青春群像を繊細な筆で描き,幼い少年少女の心理の陰影をとらえた《子どもごころ》(1918)も捨てがたい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ラルボー【Valery Larbaud】

1881~1957) フランスの小説家。少年期より欧州各地を旅行、文学的コスモポリタニズムの先駆をなす。長編「 A = O =バルナブース全集」、中編「フェルミナ=マルケス」、短編集「子供ごころ」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラルボー
らるぼー
Valery Larbaud
(1881―1957)

フランスの作家。ビシーの富裕な鉱泉経営者の一人息子生まれる。病気保養も兼ねて幼少期からヨーロッパ各地を旅行、とりわけ17歳の夏から秋にかけてロシアトルコまで足を伸ばし、「コスモポリティスムcosmopolitisme文学の旗手」としての素地を培った。1896年、15歳で処女詩集『柱廊』を自費出版、20歳のときコールリッジの『老水夫の歌』を翻訳、1908年同じく自費出版した『富裕な好事家(こうずか)の詩』Pomes par un riche amateurを母胎に、13年の『A・O・バルナブース全集』によって文名を確立した。短編1、詩、日記からなるこの作品は、プルーストの『失われた時を求めて』(1913~27)やアポリネールの『アルコール』(1913)と並んで、20世紀フランス文学に新感覚の息吹と視野の拡大をもたらした。初期作品『フェルミナ・マルケス』Fermina Marquez(1911)、短編集『幼ごころ』Enfantines(1918)も捨てがたいが、『恋人よ、幸せな恋人よ』Amants, heureux amants(1921)に代表される3部作も、ジョイスの「内的独白」を取り入れた作品として重要である。2冊のエッセイ集『黄・青・白』(1927)、『ローマの旗の下に』(1938)は、ヨーロッパの古今に通じた文人ラルボー像を浮き彫りにしている。[岩崎 力]
『新庄嘉章訳『美わしきフェルミナ』(新潮文庫) ▽岩崎力訳『A・O・バルナブース全集』(1973・河出書房新社) ▽岩崎力訳『罰せられざる悪徳・読書』(1998・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラルボーの関連キーワードアレクサンドルアレクサンドルブラジル文学日本鉄道岩崎弥太郎オイレンブルクベルクールホープムラヴィヨーフ選択変成作用

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラルボーの関連情報