コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランダム・サンプリング ランダムサンプリング

百科事典マイペディアの解説

ランダム・サンプリング

無作為抽出

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ランダム・サンプリング
らんだむさんぷりんぐ
random sampling

無作為抽出ともいう。社会調査の対象となるものの個体(人、世帯など)数が多いときには、全体を調べるためにはたいへんな費用や時間を要する。そのため、そのようにして収集されたデータは、結果が古くて役にたたないものになったり、調査の条件が一定でなくなったりする。そこで、調査対象の全体を調べるかわりに一部分をサンプルとして調べ、その結果から統計学理論を用いて全体を推測するのが普通である。ランダム・サンプリングは、サンプルを選ぶための代表的な方法である。調べようとする対象全体すなわち母集団の縮図となるよう、くじ引きのように、各個体の特性を考慮せず偶然にゆだねて決定する。いいかえれば、サンプルとして選ばれる確率がすべての個体に関して等しくなるように決定する。
 くじ引きとまったく同じ原理で行う方法を単純ランダム・サンプリングというが、手間がかかる。そのため実際には、母集団の成員に一連の番号をつけて、初めの一つのサンプルだけをランダムに選び、あとは等間隔に決定する系統抽出法systematic samplingが用いられることが多い。電話調査では、コンピュータによって電話番号をランダムに選び出し、その電話の所有者を調査対象にするRDD(random digit dialing)という方法が用いられる。
 また、最初から個体を選び出すのではなく、母集団をいくつかの内部で等質な層に分け、各層から抽出を行う層化抽出法stratified sampling method、最初に地域などの個体の集まりを抽出し、次に抽出された個体の集まりから個体を抽出する多段抽出法multi-stage samplingなども、実際に用いられる方法である。[原 純輔]
『西平重喜著『統計調査法』改訂版(1985・培風館) ▽原純輔・浅川達人著『社会調査』改訂版(2009・放送大学教育振興会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のランダム・サンプリングの言及

【統計学】より

標本調査法は多数の構成単位からなる大きい集団(母集団という)の特性値を,その構成単位の一部(標本という)だけを取り出して観察することにより,推定する方法を取り扱う。その際調査される対象を,なんらかの確率的方式に従って選ぶランダム・サンプリング(無作為抽出法)が一般に用いられる。実験計画法は,観測値がいろいろの理由による偶然変動を含むような条件のもとで実験を行い,結論を導く方法を扱う。…

【標本】より

…標本の選び方を抽出法というが,抽出法は,その方式の相違によって有意抽出法,無作為抽出法に二分され,それらはさらに多くの技法に細分することができる。実際の調査で多用される無作為抽出法(ランダム・サンプリング)によって選び出されたものをとくに無作為標本(ランダム・サンプル)という。この抽出法においては,標本の対語は母集団で,集団の標識全体を考え,各要素に目的に応じて適宜抽出確率を付与したものを母集団という。…

【標本調査】より

…対象となる集団のすべての構成要素を観察する統計調査が全数調査と呼ばれるのに対し,構成要素の一部分しか観察されない統計調査は標本調査と呼ばれる。標本調査は,構成要素の抽出が確率的に行われるか否かによって,無作為抽出法(ランダム・サンプリング)と有意抽出法とに二分される。有意抽出法には典型調査,割当法,アンケート法などがあり,歴史的にも先行するが,方法の未成熟や欠陥のため現在ではあまり重視されない。…

【無作為抽出】より

…有意抽出の対語で,任意抽出,またはランダム・サンプリングともいう。無作為抽出とは,調査の対象となる集団の構成要素の一つ一つを標本としてとり出すか否かを一定の確率法則に従う手段で決めることをいう。…

【世論調査】より

…しかし,トルーマンが当選した48年の大統領選挙では,ギャラップはデューイの当選を予想して失敗した。その原因を検討した結果,サンプリングの方法として割当法は十全のものではなく,むしろなんらの作為も加えずに,ただ確率法則だけに依存してサンプルを選ぶ〈ランダム・サンプリング(無作為抽出法)〉が適切であることがわかった。ランダム・サンプリングの具体的手続は多様であるが,原理的にはくじ引きと同じく,すべての個人が選ばれるチャンスを平等にもつという条件のもとでサンプリングが行われる。…

※「ランダム・サンプリング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ランダム・サンプリングの関連キーワードジョージ・H. ギャラップサンプリング・メソッド討論型世論調査無作為抽出法農家経済調査確率標本抽出視聴率RDDHR図標本

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android