コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランドサット LANDSAT

翻訳|LANDSAT

デジタル大辞泉の解説

ランドサット(LANDSAT)

《land satelliteから》米国の地球資源探査衛星。第1号は1972年に打ち上げられ、赤外線カメラを常時地球に向け、主に陸域の撮影情報を地球に送信。旧称ERTS(アーツ)(Earth Resources Technology Satellite)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のランドサットの言及

【地質調査】より

…航空機に磁力計を積みこんで磁力探査を行うこともある。さらに広い範囲を一望できて地質構造や地質系統の予察に貢献できるという点では,ランドサット(LANDSAT)をあげねばなるまい。ランドサットはリモートセンシングの技術を応用した地球観測衛星で,地上約900kmの宇宙から,連続的に185km×185kmの範囲を一望し,その画像データを地上局に送信する。…

【リモートセンシング】より

… 一方,陸域観測用衛星では分解能が生命で,緻密(ちみつ)な地表観測が要求される。NASAによる陸域衛星であるランドサット(LANDSAT)計画は1972年の1号打上げにより開始された。用いられたセンサーMSSは4バンド(0.4~1.1μmを4分割),地表分解能80mで,その映像は約900kmの超高度からとは思えないほど鮮明であった。…

※「ランドサット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ランドサットの関連キーワードリモート・センシングインゴ ギュンターセマティックマッパ地球観測衛星太陽同期衛星パターン認識ランドサットイオサット断層山地ALOS坂田俊文クイアバだいち

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ランドサットの関連情報