コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・グアイラ ラグアイラ

百科事典マイペディアの解説

ラ・グアイラ

ベネズエラ北部,カリブ海岸の港湾都市。首都カラカス外港として,1577年に建設。ベネズエラ第1の港ですぐれた施設をもつ。近郊は海岸が美しく,カラカス市民のリゾート・センターになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラ・グアイラ
らぐあいら
La Guaira

南アメリカ北部、ベネズエラ北部のカリブ海沿岸にある港湾都市。人口2万6600(2003推計)。首都カラカスの外港として建設された人工港で、ベネズエラ第二の貿易港である。同国中部の農産物が積み出され、年間100万トン以上の貨物を扱う。カラカスから13キロメートルの距離にあり、付近に海浜保養施設が多いため、首都の休日保養地となっている。[山本正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラ・グアイラの関連キーワードウジューヌ フレッシネ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android