コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラージェーンドラ[1世] Rājendra I

世界大百科事典 第2版の解説

ラージェーンドラ[1世]【Rājendra I】

?‐1044
南インドのチョーラ朝の国王。在位1016‐44年。父王ラージャラージャ1世と共同で2年間統治したのち王位につき,その後約30年間インド内外に威勢を高めた。先代に続いて領土拡大を行い,南方ではケーララ,セイロンの攻略を続けた。また,北方ではチャールキヤ朝南部の地に侵攻し,さらにカリンガ王国からベンガルに入り,1023年にはその王マヒパラを破ってガンガー(ガンジス)河畔にまで至った。そのため王はみずからガンガイコンダ(〈ガンガーを手に入れた〉者)と称し,またカーベーリ下流域に造営した新都をガンガイコンダチョーラプラム(〈ガンガーを手に入れたチョーラの都〉)と呼んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ラージェーンドラ[1世]の関連キーワードパガン朝寛徳アノーラターパガン(蒲甘)朝アノーヤターいわゆる債権法寛徳長久パガン朝

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android