コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラージェーンドラ[1世] Rājendra I

1件 の用語解説(ラージェーンドラ[1世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラージェーンドラ[1世]【Rājendra I】

?‐1044
インドチョーラ朝の国王。在位1016‐44年。父王ラージャラージャ1世と共同で2年間統治したのち王位につき,その後約30年間インド内外に威勢を高めた。先代に続いて領土拡大を行い,南方ではケーララ,セイロンの攻略を続けた。また,北方ではチャールキヤ朝南部の地に侵攻し,さらにカリンガ王国からベンガルに入り,1023年にはその王マヒパラを破ってガンガー(ガンジス)河畔にまで至った。そのため王はみずからガンガイコンダ(〈ガンガーを手に入れた〉者)と称し,またカーベーリ下流域に造営した新都をガンガイコンダチョーラプラム(〈ガンガーを手に入れたチョーラの都〉)と呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ラージェーンドラ[1世]の関連キーワードパガン朝寛徳いわゆる債権法寛徳長久パガン朝パガン朝藤原生子藤原延子

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone