コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーモア Larmor, Sir Joseph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラーモア
Larmor, Sir Joseph

[生]1857.7.11. アントリム,マゲラゴール
[没]1942.5.19. ダウン,ホリウッド
イギリスの物理学者。ベルファストのクイーンズ・カレッジ,ケンブリッジ大学で学ぶ。ゴールウェーのクイーンズ・カレッジの数学教授 (1880) を経て,ケンブリッジ大学に移り (85) ,同大学教授 (1903) 。ロイヤル・ソサエティ会員 (1892) ,同会長 (1901~12) 。加速電子からのエネルギー放射率を初めて明らかにし,また磁場による原子スペクトル線の分離現象を,「ラーモアの歳差運動」の概念を導入して説明したことで知られる。 1909年ナイトの称号を贈られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラーモア【Joseph Larmor】

1857‐1942
イギリスの物理学者。アイルランドの生れ。ベルファストで教育をうけた後ケンブリッジのセントジョンズ・カレッジで数学を学んだ。ゴールウェーのクイーンズ・カレッジの自然哲学教授を経て1885年セントジョンズ・カレッジの講師,1903年から32年までルーカス教授。この間1892年ローヤル・ソサエティ会員に選ばれ,1901‐12年会長をつとめた。1898年発表の論文の中で,電子の軌道運動に対する磁場の効果として電子軌道の歳差運動(ラーモアの歳差運動)を導入,電子理論の展開に寄与した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラーモア
らーもあ
Sir Joseph Larmor
(1857―1942)

イギリスの理論物理学者。アイルランドのクィーンズ大学自然哲学教授を経て1885年ケンブリッジ大学の数学講師、1903年にストークスの後任として同大学ルカス講座の数学教授となった。1901年から12年間王立協会会長も務めた。1883年以来電磁場と物質との相互作用を研究、ローレンツやゼーマンらの研究に注目し、1897年磁場内の電子運動に関するラーモア歳差運動を定式化した。1899年には磁場内での荷電粒子系の運動を一般的に論じたラーモアの定理を導いた。また気体運動論や光学、熱力学分野で数理的解析も行ったが、相対論や量子論には最後まで疑問をもち続けた。[高橋智子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラーモアの関連キーワードトムソン(Sir Joseph John Thomson)クイーンズ・カレッジサイクロトロン半径ランデの分岐係数フェリ磁性共鳴ラーモア周波数ネルンスト効果磁気抵抗効果ダイナモ理論磁気共鳴吸収ラーモア回転ラーモア半径ジャイロ半径ラーマー回転ラーマー半径強磁性共鳴7月11日スピン共鳴モル磁化率反磁性体

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android