コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リエパーヤ リエパーヤ Liepāja

3件 の用語解説(リエパーヤの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

リエパーヤ(Liepāja)

ラトビア西部、クルゼメ地方の都市。バルト海に面し、同国の三大港の一つ、リエパーヤ港を擁する。中世にはリバウと呼ばれ、商業港として栄えた。ロシア皇帝アレクサンドル2世により軍港が置かれ、バルチック艦隊の母港になった。18世紀後半に建てられたバロック様式の聖三位一体教会には、クールラント大公の黄金の祭壇や同国最大のパイプオルガンがあることで知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リエパーヤ

ラトビアの南西部の都市。ドイツ語ではリバウと呼ばれるバルト海に面した港湾都市で,古くから同国西部のクールランドといわれた地域の経済,文化の中心地であった。現在は主要な商工業都市で,鉄鋼,造船,農業機械食品加工などの工業が行なわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

リエパーヤ【Liepaja】

バルト海沿岸,ラトビア共和国南西部の港湾都市で,同共和国第3の都市。人口11万4000(1992)。主都リガの西方223kmにある。当市を含むラトビア西部の地域は歴史的・民俗学的にクールランドKurland(ラトビア語ではクールゼメKurzeme)と呼ばれ,リエパーヤはこの地域の経済・文化の中心地であった。1263年にはバルト系クール人の住む港町として知られ,現在は重要な商工業都市で,魚肉缶詰,木材加工,金属冶金の工場やコンビナート教育大学などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リエパーヤの関連キーワードアルバニアクライペダバルト語派マラバル海岸ヤウンデラトビア語リガバルト三国ワルネミュンデボリビア共和国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リエパーヤの関連情報