リキニウス−セクスティウス法(読み)リキニウス−セクスティウスほう(英語表記)Leges Liciniae-Sextiae

旺文社世界史事典 三訂版の解説

前367年,護民官のリキニウスとセクスティウスによって制定された古代ローマの法律。リキニウス法ともいう
土地所有を500ユゲラ(約125ha)に制限し,プレブス平民)からも必ず1名のコンスルを選ぶこととした。ローマのプレブス(平民)対パトリキ(貴族)の身分闘争の一転機を示す。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android