コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リコー[株] リコー

百科事典マイペディアの解説

リコー[株]【リコー】

複写機で国内1位。1936年理化学興業理研コンツェルン)の感光紙部門が独立して理研感光紙設立,1938年理研光学工業と改称,1963年現社名。本社東京,工場神奈川県厚木,静岡県沼津など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リコー[株]

複写機のトップクラスメーカー。前身は,1936年理化学興業の感光紙部門が分離独立して東京本駒込に設立された理研感光紙(株)である(1954年,現在の大森に移る)。当時理研の感光紙は,日本,イギリスアメリカカナダの特許をもつ発明で競争力が強く,37年には同業の川合商会,吉村商会など5社を合併,企業規模を拡大した。38年理研光学工業(株)と改称,カメラの製造を開始した。第2次大戦後も,国内設備が戦災に遭わなかったため再建も早く,51年には感光紙市場でシェアトップとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リコー[株]の関連キーワードマキノ雅広斎藤寅次郎清水宏スペイン内戦山本嘉次郎[各個指定]工芸技術部門バラングルートヘニー数学基礎論ソビエト連邦憲法

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone