リコー(英語表記)Ricoh Company, Ltd.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

事務用 OA機器を中心とする光学機器会社。理化学研究所における発明の工業化を目的とする理化学興業から独立して,1936年理研感光紙として設立。日本最初の陽画感光紙メーカーとなった。1938年理研光学工業と改称,光学部門を設置してカメラの製造を開始。1943年にはカメラ製造を旭無線工業に移譲し,双眼鏡の製造に切り替えるとともに,新京,大連,北京など海外に事務所を設置したが第2次世界大戦終了時に没収。1953年旭精密機器工業(旧旭無線工業),愛光商事を合併し,カメラの製造を再開。1955年事務用複写機「リコピー」を発売。1963年現社名に変更。複写機,ファクシミリでは業界大手。2011年光学機器大手 HOYAからペンタックスブランドのデジタルカメラ,双眼鏡などに関する事業部門を買収し,ペンタックスリコーイメージング完全子会社として新設した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

正式社名「株式会社リコー」。英文社名「RICOH COMPANY, LTD.」。電気機器製造業。昭和11年(1936)「理化学興業株式会社」から分離独立し「理研感光紙株式会社」設立。同13年(1938)「理研光学工業株式会社」に改称。同38年(1963)現在の社名に変更。本社事務所は東京都中央区銀座。OA機器メーカー。複写機の大手。カラー複合機が主力。東京(第1部)・名古屋(第1部)・札幌・福岡・パリの各証券取引所上場。証券コード7752。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リコーの関連情報