コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リッツの結合原理 リッツのけつごうげんりRitz's combination principle

3件 の用語解説(リッツの結合原理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リッツの結合原理
リッツのけつごうげんり
Ritz's combination principle

原子から放出されるスペクトルのうち,2つのスペクトル線の波数 (波長の逆数) の和または差は他のスペクトル線の波数に一致するという実験的な法則。 1908年 W.リッツにより発見された。複雑なスペクトルのなかからスペクトル系列を見出すのに利用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

法則の辞典の解説

リッツの結合原理【Ritz's combination principle】

スペクトル線の波数 νij

で与えられる.ここで c は光速,h はプランク定数,WiWj は光の放出前と放出後の各準位のエネルギーである.一般に

νij+νjk=νik

が成立する.これがリッツの結合原理呼ばれる

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リッツの結合原理
りっつのけつごうげんり
Ritz's combination principle

1908年リッツによって得られたスペクトル線に関する実験法則。原子の示すスペクトルは一般にとびとびの波長のところに現れる。これを線スペクトルとよぶ。吸収スペクトルの場合も同様であり、これらの線スペクトルは各原子に固有なものである。原子のスペクトルは波長の間に規則性をもつスペクトル系列とよばれるグループに分類できる。その一般式はリュードベリによってみいだされ、リュードベリの公式として知られている。
1/λ=R[1/(m+a)2-1/(n+b)2
 波長λの逆数は単位長さ当りに含まれる波の数で波数(普通νで表す)とよばれるが、これは光の振動数、したがって光子のエネルギーに比例するものである。Rはリュードベリ定数、abは物質ごとに、また系列ごとに異なる値をとるが、mnは整数で一つの系列に対してmは一定である。スペクトルの振動数は、いつもそれぞれ整数を含んだ二つの項の差で表される。この項をスペクトル項とよぶ。リッツは、スペクトルの波数をこれらのスペクトルの項の差として整理することができることをみいだした。これをリッツの結合原理という。
 原子が放出または吸収する光の振動数についてのこれらの法則を、古典的な理論で理解することはできない。量子論によれば原子が放出あるいは吸収する光の波数はν12=(E1-E2)/hcで与えられる。hはプランクの定数、cは真空中の光速度、E1E2はそれぞれ放出前、後あるいは吸収の後、前のエネルギー準位である。したがってν122313という関係が成立し、リッツの結合原理を量子論的に理解することができる。そのときスペクトル項はE/hcで、エネルギー準位と同じ量子数で区別されることがわかる。[村岡光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone