コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リッツ Ritz, Walther

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リッツ
Ritz, Walther

[生]1878.2.22. シオン
[没]1909.7.7. ゲッティンゲン
スイスの物理学者。チューリヒのスイス連邦工科大学およびゲッティンゲン大学で学んだ。ゲッティンゲン大学私講師。原子のスペクトル系列の振動数を与える公式を改良し (1903) ,これらが常に2つの項の差で与えられるというリッツの結合原理を提唱 (08) 。微分方程式を近似的に解くリッツの方法を考案した (09) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リッツ
りっつ
Walter Ritz
(1878―1909)

スイスの物理学者。シオン生まれ。1897年工科大学入学試験に合格し、チューリヒに行くが、健康を害して技師志望を断念し、1901年ゲッティンゲン大学に転じ、W・フォークト、ヒルベルトらに物理学や数学を学ぶ。学位論文のテーマにスペクトル項の研究を選び、1903年リュードベリの公式を訂正して、より実験値にあうリッツの公式を提案。ライデン、ボン、パリ、チューリヒなどに移り住んだのち、1908年ゲッティンゲン大学講師となる。同年スペクトル線の波数が任意の2項の差で表されるというリッツの結合原理を導くとともに、スペクトル線の生起を原子内磁場にある電子振動に帰するアイデアを発表。また、翌1909年、境界値問題を研究して変分法による近似解法レイリー‐リッツの方法を考案した。[兵藤友博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

リッツ

生年月日:1878年2月22日
スイスの物理学者
1909年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

リッツの関連キーワードリュードベリ(Johannes Robert Rydberg)リュードベリ‐リッツの結合法則J.フォン ミクリッツ・R.ザ・リッツ・カールトン東京リュードベリ‐リッツの公式ザ・リッツ・カールトン大阪ドナテッラ ヴェルサーチ100キロカロリーパックザ・リッツ・カールトンマウリッツハイス美術館スラフコフ・ウ・ブルナモハメド アルファイドJ.R. リュードベリバー・ヘミングウェイ大阪府大阪市北区梅田ネッド ウェイバーンやったろうじゃん!!ヤマザキ・ナビスコカールトン・ホテルホワイトスピリッツ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リッツの関連情報