コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リッツ リッツ Ritz, Walther

3件 の用語解説(リッツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リッツ
リッツ
Ritz, Walther

[生]1878.2.22. シオン
[没]1909.7.7. ゲッティンゲン
スイス物理学者チューリヒスイス連邦工科大学およびゲッティンゲン大学で学んだ。ゲッティンゲン大学私講師。原子のスペクトル系列の振動数を与える公式を改良し (1903) ,これらが常に2つの項の差で与えられるというリッツの結合原理を提唱 (08) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

リッツ

ヤマザキナビスコ株式会社が販売するクラッカーの商品名。アメリカ・クラフトフーヅ社の商品。箱入り、缶入りの通常商品のほかに、チーズクリームを挟んだ「チーズサンド」、カスタードクリームを挟んだ「カスタードサンド」がある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リッツ
りっつ
Walter Ritz
(1878―1909)

スイスの物理学者。シオン生まれ。1897年工科大学入学試験に合格し、チューリヒに行くが、健康を害して技師志望を断念し、1901年ゲッティンゲン大学に転じ、W・フォークトヒルベルトらに物理学や数学を学ぶ。学位論文テーマスペクトル項の研究を選び、1903年リュードベリの公式を訂正して、より実験値にあうリッツの公式を提案。ライデン、ボン、パリ、チューリヒなどに移り住んだのち、1908年ゲッティンゲン大学講師となる。同年スペクトル線の波数が任意の2項の差で表されるというリッツの結合原理を導くとともに、スペクトル線の生起を原子内磁場にある電子振動に帰するアイデアを発表。また、翌1909年、境界値問題を研究して変分法による近似解法レイリーリッツの方法を考案した。[兵藤友博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リッツの関連キーワードアビタシオンイミシオンシンポシオンハルシオンパレデナシオンパンシオンリベラシオンカシオン山エリシオンすしおんど

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リッツの関連情報