コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リップルマーク ripple mark

翻訳|ripple mark

世界大百科事典 第2版の解説

リップルマーク【ripple mark】

砂紋または痕(れんこん)などといわれることもある。風または水の流動によって堆積物の表面に作られるうねり模様のこと。一つのリップルの峰から両側の谷までの長さが等しい対称的なリップルマークは,周期的な動きをする波のようなもので作られる。それに対して非対称的なリップルマークは,一方向に向く流れによって形成される。なお,リップルの峰から谷までの高さの差を波高とよび,谷から谷までの長さを波長とよんでいる。 流水によって作られる一連のリップルマークは峰が平行に走る単純なものばかりでなく,馬蹄形を示すものや,半月形の凹地を作るような複雑な形態をとるものまで種々存在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のリップルマークの言及

【底層流】より

…海の底近くの流れをいう。昔は海底の海水はほぼ静止していると考えられていたが,1940年代以降の海中カメラの発達により,海底のリップルマークripple mark(規則正しい起伏のこと。砂紋,波あと,砂ともいう)が数多く観測され,深海にも流れが存在するのではないかと予想されるようになった。…

【級化層理】より

…級化層理は火山噴出岩などにもみられるが,一般には乱泥流のような密度流に伴う堆積作用によって形成されることが多い。その場合,密度流に由来する種々の堆積構造,たとえばソールマーク,リップルマークなどを伴うのが特徴である。地層の上下判定の基準として使われる。…

【クロスラミナ】より

…大規模なものは三角州などにみられる砂堆や,砂漠にみられる砂丘などである。波状現象の波高が10cm以下のものは,砂紋,痕(リップルマーク)と呼ばれ自然界には広く分布する。水槽実験の進歩により,リップルマークの形状,波長,構成物の粒径などの組合せから流れの方向や強さなどが推定できるようになった。…

【層理】より

… 層理面にみられる種々の流痕やその他の跡は自然の営力の化石として知られている。地層上面に付く例として,砂層の表面にみられる流水の跡の流紋(リップルマーク)とか,泥層の表面にみられる底生生物の這(は)い跡などがあげられる(生痕化石)。その他,雨が降った跡といわれるもの,干上がった堆積面が蓮の葉状に割れる干割れ(サンクラックsun crack)などが知られている。…

【底層流】より

…海の底近くの流れをいう。昔は海底の海水はほぼ静止していると考えられていたが,1940年代以降の海中カメラの発達により,海底のリップルマークripple mark(規則正しい起伏のこと。砂紋,波あと,砂ともいう)が数多く観測され,深海にも流れが存在するのではないかと予想されるようになった。…

※「リップルマーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リップルマークの関連キーワードリップル斜交葉理直線的斜交成層ホタテガイトチノキ級化層理飢餓漣痕底層流漣痕

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リップルマークの関連情報