コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リップル・マーク(読み)リップルマーク(英語表記)ripple mark

翻訳|ripple mark

岩石学辞典の解説

リップル・マーク

指向性の堆積構造の一種で,未固結で凝集していない堆積物表面が,接触した大気または水の流れによって形成され波状となった周期的構造.表面は流体の流れる方向に直角に尾根と窪みが繰り返し形成される傾向がある.連続した峰の間の距離はcmからmの規模であるが,研究者によっては小規模のものに限定している.リップル断面は対称的のものも非対称的のものもある.非対称的なものでは上流側斜面(stossまたはweather)が浅く,下流側斜面(leeまたはsheltered)が急傾斜となる.ある環境条件では一方向性の流れによって対称的な形が形成される[Lyell : 1838, Allen : 1968].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android