コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リノリウム linoleum

翻訳|linoleum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リノリウム
linoleum

室内の材料。亜麻仁油を酸化してリノキシンをつくり,これに天然樹脂類,ロジンなどを加えて混和融合して,リノリウム・セメントとし,コルク粉,のこ屑,顔料などを混ぜ,麻布に塗りつけ,ロール掛け圧着したもの。乾燥後,幅 2m,長さ 25~30mの製品とする。色は茶,灰,赤,藍,淡藍,緑,青緑などの単色のもの,捺染による模様つけや,簡単な模様を打抜いて象眼としたものもある。また 30cm角に切断したリノタイルがある。難燃性で,清掃が容易であり,弾力性に富み,歩くときの感触がよく,耐久力がある。 1863年イギリスで発明されたもので,リノリウムとはラテン語の亜麻仁油の意味。 1955年頃から塩化ビニル樹脂製の各種床材料が現れて,リノリウムの需要は減少した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

リノリウム(linoleum)

亜麻仁(あまに)油の酸化物に松やに・コルク粉などを混ぜて、麻布に圧延・付着させて乾燥したもの。床敷き・壁張り材などにする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

リノリウム

床はり用加工材。1860年代に英国のウォールトンが発明した。亜麻仁油やキリ油などの乾性油を酸化重合して得られるリノキシンに,松脂(まつやに)などの天然樹脂,コルク粉,おがくず,顔料などを加え,麻布の片面に加熱圧着したもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リノリウム【linoleum】

亜麻仁油,キリ油のような乾性油を一部酸化,硬化させたもの(リノキシンlinoxynという)に,ロジン,充てん(塡)材(おがくず,コルク粉など),顔料などを配合して麻布の上に被覆し,ロールの間を通して圧着(カレンダー加工)したもの。1860年代にイギリスのウォールトンFrederick Waltonが発明。床敷材料として,弾力性,耐摩耗性にすぐれている。しかし,耐水性,耐候性が悪く,現在では,ポリ塩化ビニルを主体とした塩化ビニルタイル,ビニル床シートなどの合成樹脂タイルにおきかえられるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

リノリウム【linoleum】

亜麻仁油などの乾性油を酸化させたコロイド状物質に、樹脂・おがくず・コルク粉などを練り合わせ、麻布に塗抹とまつし乾燥したもの。耐水性・弾性に富み、床張り・壁張り・版画材料に用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

リノリウム【linoleum】

床などに使用する建材の一種。亜麻仁(あまに)油を空気で酸化してリノキシンとし、これにコルクの粉末などを混ぜて麻布などに塗り、固化させたもの。耐摩耗性・弾性にすぐれ、公共施設や病院などの床に多く用いる。住宅ではトイレや水回りに使用するのが一般的。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リノリウム
りのりうむ
linoleum

あまに油などの乾性油を酸化させて得られるリノキジンに樹脂類を混和し、これにコルク粉または木粉および着色剤を混ぜ織布に圧着したもので、古くから敷物や壁紙として用いられている。[垣内 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リノリウムの関連キーワードシュナーベル(Julian Schnabel)ブラウン(Gordon Brown)ランカスター(アメリカ合衆国)ランカスター(イギリス)リノリウム・カットデルメンホルストヘシアン・クロスリンシードオイルインドアホッケーリノリウム版画カウリコーパルティペレアリランカスター硫酸バリウム前田 藤四郎カーコルディアビエチン酸リノリウム版フェンシングコーパルノキ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リノリウムの関連情報