コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュウキンカ Caltha palustris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュウキンカ
Caltha palustris

キンポウゲ科の多年草で,エンコウソウともいう。北半球冷温帯の湿地や流水中に生じる。地下に短い根茎があり,太い根を出す。茎は太く,多肉質で,下半部は地面をはうように伸びる。各節から根をおろす。根出葉には長い柄があって,葉は径4~8cmの腎円形で,縁に低い波状の鋸歯がある。茎葉には柄がない。は春に茎頂に咲き,通常は2花ずつつく。黄色で花弁状の萼片が5~7片あって直径2~3cm,本来の花弁はなく,多数の黄色のおしべがある。花後に長さ 1cmほどの莢状の袋果をつける。なお,リュウキンカと呼ばれるのは茎が立上がって高さ 30cm前後になる形のもので,茎が地面を放射状にはい,ほとんど立上がらないものをエンコウソウといって区別し,それぞれ別品種に扱う場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

リュウキンカ

キンポウゲ科の多年草。本州〜九州,朝鮮の湿地にはえ,ときに栽培される。葉は根生し,腎円形で長い柄がある。茎は直立して高さ50cmに達し,5〜7月ごろ茎頂や上部葉腋に径約2cmの1花がつく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リュウキンカ【Caltha palustris L.var.nipponica Hara】

浅い水の中や湿地に生える無毛のキンポウゲ科の多年草(イラスト)。根生葉はまるく,基部は心形にくぼみ,分裂せず,鋸歯がある。葉柄は長く,基部は鞘(さや)となる。茎は直立し,高さ15~50cm,上部でわずかに分枝し,少数の茎葉をつける。茎葉は根生葉に似ているが小さく,葉柄は短いか,ほとんど無柄。4~7月,茎頂や葉腋(ようえき)より花を生じる。花は直径2~3cm,萼片はふつう5枚,ときに6~7枚,鮮黄色で光沢があり,裏面は緑色を帯びる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リュウキンカ
りゅうきんか / 立金花
[学]Caltha palustris L. var. nipponica Hara

キンポウゲ科の多年草。茎は直立し、高さ15~50センチメートル。葉は腎円(じんえん)形で、小さな鋸歯(きょし)がある。4~7月、茎先に径約2センチメートルでやや光沢のある黄金色花を1個ずつ開く。湿地や流れのそばに生え、本州、九州、および朝鮮半島、中国に分布する。茎が立ち、花が黄金色のため、この名がある。茎が地面をはう品種をエンコウソウ(猿猴草)という。本州北部、北海道には、全体が大形になる別種エゾノリュウキンカがある。とくに小形の品種をコバノリュウキンカといい、栽培する。リュウキンカ属は花弁はなく、萼片(がくへん)が花弁状になる。南北両半球に約13種分布する。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リュウキンカの関連キーワードコバノリュウキンカキンバイソウ蝦夷琉金花玉原高原ヤチブキ谷地蕗尾瀬

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リュウキンカの関連情報