コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュクサンブール委員会 リュクサンブールいいんかいCommission du Luxembourg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュクサンブール委員会
リュクサンブールいいんかい
Commission du Luxembourg

フランスで二月革命の結果成立した第二共和政のもとで設置された「労働者のための政府委員会」をいう。リュクサンブール宮殿本拠をおいたのでこの名で呼ばれた。社会主義者 L.ブランの要請でできたもので,労働問題の調査を目的とした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リュクサンブール委員会
りゅくさんぶーるいいんかい
Comit de Luxembourgフランス語

1848年の二月革命によって成立したフランスの第二共和政臨時政府が設置した「労働対策委員会」の別名。パリのリュクサンブール宮に本拠を置いたためにこのようによばれた。臨時政府は、閣内の社会主義者ルイ・ブランと労働者のアルベールの提唱により労働者の生活権の保障を宣言、これを裏づけるためルイ・ブランを議長とするこの委員会を設置し、労働者の実態および労働条件、生活状態の調査と、その改善策の立案とにあたらせた。委員会は、労働者の各種コルポラシオン(職能団体)の代表から構成され、労働時間の短縮、労働請負制の廃止を政府に布告させ、失業問題の解決やストライキなどの労資紛争の調停にあたったが、資金的裏づけを欠いたために実効をあげることができず、深刻な経済恐慌に苦しむ労働者の基本的要求にこたえることができなかった。こうして同年6月、国立工場の閉鎖を契機として起こったパリの労働者の暴動に際しては、なんらの指導性も調停者としての機能さえも果たしえず、暴動鎮圧後、消滅の方向をたどった。[桂 圭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のリュクサンブール委員会の言及

【第二共和政】より

…成立当初からパリの労働者の運動によって政体は安定せず,49年以降は農産物価格の下落による激しい農業危機に直面した地方の小農民層の運動に対処しえず,51年12月にルイ・ナポレオンのクーデタに見舞われ,翌52年12月,第二帝政の成立で崩壊した。
[動揺する共和政]
 共和派の政府は成立と同時に,パリの労働者の社会改革をめざす運動の噴出に直面し,政府に入ったルイ・ブランにリュクサンブール委員会を組織させ,労働問題に対処させたり,失業者救済のためにアトリエ・ナシヨノー(国立作業場)を設立したりした。しかしこれらの対策は実効をもたず失敗した。…

【ブラン】より

…本書で述べられている社会改革のプランは,普通選挙を基礎とする国家が資金援助を行って生産協同組織を形成し(アトリエ・ナシヨノー),これによって資本主義の悪である競争を抑止し,労働者の社会的地位を改革するというものであった。48年の二月革命で新政府に加わり,いわゆる〈リュクサンブール委員会〉を組織し,労働者の職能組織の代表と雇用者代表を集めて,この改革プランの実現に努めた。しかし政府に対する労働者の不満が激化するなかで,この企図は挫折した。…

【48年革命】より

…国王は退位し,社会主義者を含む臨時政府は25日に共和国を宣言した。武装蜂起の主力であった労働者は〈労働の権利〉と〈労働の組織〉を要求し,臨時政府はやむなく〈リュクサンブール委員会〉(労働者対策委員会)を設置し国立作業場を開設した。労働請負制は廃止され,10時間労働も実現した。…

※「リュクサンブール委員会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リュクサンブール委員会の関連キーワードブラン(Jean Joseph Louis Blanc)二月革命(フランス)コンシデラン国立作業場

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android