コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リュルサ リュルサ Lurçat, André

5件 の用語解説(リュルサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リュルサ
リュルサ
Lurçat, André

[生]1894. パリ
[没]1970.7.12. ソー
フランスの建築家。画家ジャンリュルサの弟。ナンシーで学び,のちパリで活躍。集合住宅,病院,学校などを設計。フランスの 1920年代後期と 1930年代初頭を代表する国際様式を採用し,ビルジュイフの学校群 (1931~33) やウィーンジードルング (集合住宅,1932) などを建てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

リュルサ
リュルサ
Lurçat, Jean

[生]1892.7.1. ブリュイエール
[没]1966.1.6. サンポール
フランスの画家。 V.プルーベに師事。南欧,小アジア諸国を旅行し,東方芸術の詩情を加味した一種独特の超現実的風景画を描いた。初めアンデパンダン展,1920年以後はサロン・デ・チュイルリーに出品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リュルサ

フランスの画家,タピスリー作家。ナンシーのプールベのアトリエで学ぶ。1913年ころパリに出て,キュビスムの影響を受けたのち,詩情に富む装飾的画風を確立。1939年よりオービュソンにアトリエを置き,タピスリーの制作に主力を注いだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

リュルサ【Jean Lurçat】

1892‐1966
フランスの画家でタピスリー作家。ボージュ県ブリュイエールBruyères生れ。ナンシーのプルーベV.Prouvéのアトリエで絵画を学んだ後,1913年ころパリに出てキュビスム,シュルレアリスムの影響下に絵画や版画を制作。タピスリーにも早くから興味をもち,下絵を描いたりしていたが,38年に《アンジェの黙示録》を見て強い衝撃を受け,翌年以降オービュソンでこの織物芸術の革新に情熱を傾けることになる。独自の記号や数字を用いたカルトン(下絵)を工夫し,織師たちの協力を得ながら,織物のもつ平面的効果を明快な色彩と力強いフォルムによって強調し,現代に中世のタピスリーの魅力を復活させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リュルサ
りゅるさ
Jean Lurat
(1892―1966)

フランスの画家、タペストリー作家。フランス東部のブリュイエールに生まれる。初め医学を学んだがしだいに絵画にひかれ、ナンシーのビクトール・プルーベのアトリエやパリのベルナール・ノダンのアトリエで絵を学ぶ。マチスピカソの感化を受けた色彩と形体の抽象化に加えて、スペインアフリカ、小アジアなどへの旅行によって得た異国的な幻想風景を、シュルレアリスムの影響による独自の画風に展開した。15世紀以来タペストリーで有名なオービュッソンの綴(つづれ)織に関心を示し、1937年オービュッソンのデザイナーとして、装飾的で幻想的な数々の作品を制作した。タペストリーの伝統を現代に復興した功績は大きい。代表作に『黙示録のタペストリー』(プラトー、ダッシー聖堂)がある。南フランス、サン・ポールで没。弟のアンドレAndr Lurat(1894―1970)は建築家として著名。[染谷 滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のリュルサの言及

【タピスリー】より

…またルオー,マティスなど現代作家の絵画作品を織物に移す試みも行われる。しかし,もっとも重要な役割を果たしたのはリュルサである。彼は《アンジェの黙示録》など中世のタピスリーに触発され,独自のカルトンを考案して,織師と協力しつつ,タピスリーの新しい美を創造した。…

※「リュルサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リュルサの関連キーワードウードリゴブラン織タペストリーコレージュドフランススリーオンスリータピストリータピスリーボーベジュール・ヴェルヌ《マティルド王妃のタピスリー》

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リュルサの関連情報