コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リューダース帯 リューダースたい Lüders band

3件 の用語解説(リューダース帯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リューダース帯
リューダースたい
Lüders band

結晶の塑性変形 (→永久ひずみ ) において部分的に帯状に変形した領域が生じ,それが試料を伝わり,変形が進行する場合がある。この帯をリューダース帯と呼ぶ。この場合,明瞭な降伏点が現れる。α鉄などの多結晶の塑性変形などにみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

リューダース帯【Lüders band】

炭素や窒素などを含む鉄鋼を引張成形したときに表面に出現する帯状の微細なしわで,塑性変形がこの部分に集中して起こるためにみられる現象である.リューダース線*という用語の用いられる分野もある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

リューダースたい【リューダース帯】

合金材料に張力または圧力を加えて変形させるとき、その表面に、力に対して斜めの方向に発生する皺しわの部分。プレス加工の際にみられ、材料内部の結晶構造の変化による。ストレッチャー-ストレイン。 → 降伏点

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リューダース帯の関連キーワード合金鉄超合金アルニコ合金減摩合金軸受け合金・軸受合金焼結合金耐酸合金ローゼ合金耐食性

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone