コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン中毒 リンちゅうどく phosphorus poisoning

2件 の用語解説(リン中毒の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン中毒
リンちゅうどく
phosphorus poisoning

黄リンおよびリン化水素による中毒症。黄リンは空気中で容易に発火し,非常に毒性が強い。急性の場合は麻痺様症状や胃腸症状を起し急死する。多くは3~8日以上の亜急性の経過をとり,発熱,嘔吐,腹痛,下痢があり,皮膚出血などをみるほか,蛋白尿が出て,数日後に黄疸を起す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リン中毒
りんちゅうどく

リンによる中毒で、黄リンのほか、農薬として使用される有機リン剤によるものがある。黄リンはリン酸など各種のリン化合物の原料となり、また殺鼠(さっそ)剤(猫いらず)の主剤として用いられていた。なお、古くは黄リンマッチとして広く使用されていたが、1921年(大正10)にその使用が禁止され、現在は製造も禁止されている。
 黄リンは、成人についての致死量が20~100ミリグラム、猫いらずでは0.2~1.0グラムという強い毒性をもつ物質である。経口摂取した場合には、1~2時間以内に悪心(おしん)(吐き気)、嘔吐(おうと)、胃痛、ニンニク臭のあるげっぷなどが始まり、一時症状は治まるが、1~2日後に嘔吐、下痢、肝臓部痛などの症状が現れ、重症では黄色肝萎縮(いしゅく)症で死亡する。死亡しない場合でも、肝臓や腎(じん)臓が侵されて黄疸(おうだん)やタンパク尿、血尿が出る。黄リンの粉塵(ふんじん)を長期間吸入していると、下顎(かがく)骨の壊死(えし)、骨膜炎、骨髄炎をおこすのが特徴である。
 有機リン系農薬が殺虫剤として有効なのは、有機リン剤が、昆虫などの神経の伝達系に必要なコリンエステラーゼの作用を阻害することによる。この機序が人に対しても中毒の原因として作用する。有機リン剤中毒は、ムスカリン様作用(副交感神経末梢(まっしょう)刺激作用)とニコチン様作用(横紋筋に対する作用)、交感神経作用および中枢神経作用に分けられる。
 なお、毒性の強い有機リン剤であるパラチオンは、日本では使用が禁止され、低毒性のものにかわってきている。[重田定義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リン中毒の関連キーワードシアン化水素シアン化水素酸ハロゲン化水素ヒ素中毒ホスフィン燐化水素麦角中毒フッ素中毒黄リン(燐)黄リンマッチ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リン中毒の関連情報