コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン中毒 リンちゅうどくphosphorus poisoning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン中毒
リンちゅうどく
phosphorus poisoning

黄リンおよびリン化水素による中毒症。黄リンは空気中で容易に発火し,非常に毒性が強い。急性の場合は麻痺様症状や胃腸症状を起し急死する。多くは3~8日以上の亜急性の経過をとり,発熱,嘔吐,腹痛,下痢があり,皮膚出血などをみるほか,蛋白尿が出て,数日後に黄疸を起す。農業に使用される有機リンは骨,肉のほか,ことに肝臓の障害を起す。黄リンを取扱う工場の職業病リン中毒性顎骨壊疽がある。急性の治療はまず胃洗浄で,催吐剤には過酸化水素水,硫酸銅液などを用い,吸着剤に獣炭末を与え,腸洗浄のほか強心剤の投与や輸液を行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リン中毒
りんちゅうどく

リンによる中毒で、黄リンのほか、農薬として使用される有機リン剤によるものがある。黄リンはリン酸など各種のリン化合物の原料となり、また殺鼠(さっそ)剤(猫いらず)の主剤として用いられていた。なお、古くは黄リンマッチとして広く使用されていたが、1921年(大正10)にその使用が禁止され、現在は製造も禁止されている。
 黄リンは、成人についての致死量が20~100ミリグラム、猫いらずでは0.2~1.0グラムという強い毒性をもつ物質である。経口摂取した場合には、1~2時間以内に悪心(おしん)(吐き気)、嘔吐(おうと)、胃痛、ニンニク臭のあるげっぷなどが始まり、一時症状は治まるが、1~2日後に嘔吐、下痢、肝臓部痛などの症状が現れ、重症では黄色肝萎縮(いしゅく)症で死亡する。死亡しない場合でも、肝臓や腎(じん)臓が侵されて黄疸(おうだん)やタンパク尿、血尿が出る。黄リンの粉塵(ふんじん)を長期間吸入していると、下顎(かがく)骨の壊死(えし)、骨膜炎、骨髄炎をおこすのが特徴である。
 有機リン系農薬が殺虫剤として有効なのは、有機リン剤が、昆虫などの神経の伝達系に必要なコリンエステラーゼの作用を阻害することによる。この機序が人に対しても中毒の原因として作用する。有機リン剤中毒は、ムスカリン様作用(副交感神経末梢(まっしょう)刺激作用)とニコチン様作用(横紋筋に対する作用)、交感神経作用および中枢神経作用に分けられる。
 なお、毒性の強い有機リン剤であるパラチオンは、日本では使用が禁止され、低毒性のものにかわってきている。[重田定義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リン中毒の関連情報