コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーフ leaf

翻訳|leaf

世界大百科事典 第2版の解説

リーフ【Rīf】

モロッコのセウタからメリリャに至る地中海沿岸線に平行して走る山脈地帯。リーフとはアラビア語で農村地域や海岸地域を意味する。西端は標高1500m以上の険しい山並みが続く。最高峰はティディギンTidighin山(2456m)。東部は起伏の緩やかな丘陵地,平原に連なる。1921年にはアブド・アルカリームを指導者とし,スペイン,フランスの植民地軍を制圧したリーフ戦争が展開され,23年にはリーフ共和国が樹立されたが,26年に敗北した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

リーフ【leaf】

植物の葉。

リーフ【reef】

暗礁。砂洲さす

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リーフ
りーふ
Munro Leaf
(1905―1976)

アメリカの児童文学作家。メリーランド州に生まれ、ハーバード大学卒業後しばらく編集の仕事に携わる。1934年に鉛筆書きのユーモラスな挿絵をつけた『文法はおもしろい』を書いたのが作家としての出発点となり、2年後に『はなのすきなうし』を出版して好評を得た。闘牛になって戦うよりも、花に囲まれた平和な暮らしを愛する牛を主人公とするこの作品は、ロバート・ローソンの白黒のユーモラスな挿絵の助けもあって、いまではアメリカの絵本の古典の一つに数えられるほどになっている。[掛川恭子]
『光吉夏弥訳『はなのすきなうし』(1954・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リーフの関連キーワードポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーンOra2 ステインクリア ペーストすきまゲージ(隙間ゲージ)トゥバタハ岩礁自然公園リーフ式サスペンション民族の祭典/美の祭典アブド・アルカリームリーフスプリングリーフ・フランクワイキキの結婚アイスプラントリーフ・ミルククワケルナックすきまゲージハウスリーフシードラゴンドロップオフリーフエッジアウトリーフうなぎアイス

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リーフの関連情報