コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイコフ Rykov, Aleksei Ivanovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイコフ
Rykov, Aleksei Ivanovich

[生]1881.2.13. サラトフ
[没]1938.3.15. モスクワ
ソ連の共産主義指導者,政治家。カザン大学在学中,ロシア社会民主労働党に入党,革命運動に従ったとの理由で退学させられ,ジュネーブで V.I.レーニンの教えを受けた。その後帰国して革命運動を行い,1905年第3回党大会 (ロンドン) で中央委員に選ばれたが帰国後捕えられた。脱獄,亡命,逮捕を繰返し,17年の二月革命のときは流刑中であった。十月革命で初代内務人民委員となり,18~21年最高国民経済会議議長,21~24年人民委員会議議長代理兼労働・国防委員会議長代理,23年党政治局員。レーニンの死後,その跡を継いで人民委員会議議長となったが,新経済政策から5ヵ年計画に移る問題で N.I.ブハーリンらとともに I.スターリンに反対したため,右翼偏向と批判されて失脚。 30年 12月には政治局から追放され,38年3月右翼トロツキスト陰謀事件でブハーリンらとともに捕えられ,銃殺された。 56年名誉回復。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ルイコフ

ソ連の政治家。若くして革命運動に参加。十月革命の際はボリシェビキ指導者の一人で,革命後は内務人民委員。1918年最高国民経済会議議長,1924年レーニンの後を継いで人民委員会議議長と要職を歴任した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルイコフ【Aleksei Ivanovich Rykov】

1881‐1938
ソ連邦の政治家。若くして革命運動に従事し,逮捕,流刑を繰り返す。ボリシェビキの有力な組織者となるが,メンシェビキに対して調停的な立場をとる。1917年の十月革命で内務人民委員となるが,他の社会主義政党との連立を主張して辞任。21年人民委員会議副議長,24年のレーニン死後は議長(すなわち首相)となる。ブハーリン,M.P.トムスキーらとともにいわゆる〈右派〉の最高指導者で,特に実務行政面で手腕を発揮した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルイコフ
るいこふ
Алексей Иванович Рыков Aleksey Ivanovich Rkov
(1881―1938)

ソ連の政治家。1900年、カザン大学法学部に入り、革命運動に参加、ボリシェビキに属した。おもに国内で活動し、逮捕、流刑、逃亡を繰り返した。08~13年、ボリシェビキ内ではメンシェビキなどに対する調停派の指導者となった。17年の二月革命後は、モスクワの党活動を指導、同年の十月革命で内務人民委員となったが、他のソビエト内諸党との連立政府の組織を主張して辞任した。18年、最高国民経済会議議長。21年より人民委員会議議長代理を務め、レーニンの死(1924)後、同議長(首相)となる。実務家として理論家のブハーリンとともに右派を指導、スターリンと結んでトロツキー、ジノビエフ、カーメネフらを追放したが、27~28年には穏健な工業化路線を唱えてスターリン派に敗れ、29年政治局員を、30年人民委員会議議長を解任された。その後、郵便電信人民委員(1931~36)の職にあったが、37年に党を除名、38年第三次モスクワ裁判で死刑に処せられた。88年、名誉回復。[藤本和貴夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ルイコフの関連キーワード2月25日大粛清

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android