コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルウェンゾリ山地 ルウェンゾリサンチ

4件 の用語解説(ルウェンゾリ山地の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ルウェンゾリ‐さんち【ルウェンゾリ山地】

Ruwenzori Mountains》アフリカ中部、コンゴ民主共和国とウガンダとの国境にある山地。大地溝帯に沿う六つの山群からなり、最高峰は標高5110メートルマルゲリータ山赤道直下にあるが、万年雪をいただき、氷河が発達。1889年にH=M=スタンリーが到達。山麓を含む一帯が1994年にルウェンゾリ山地国立公園の名称で世界遺産自然遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ルウェンゾリ山地【ルウェンゾリさんち】

ルベンゾリとも。アフリカ中部,コンゴ民主共和国ウガンダとの国境にある山地。標高4500〜5000m級の高峰が六つあり,最高峰はマルゲリータ山(5110m)。雪線は標高4400mで氷河が発達している。
→関連項目ウガンダ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ルウェンゾリさんち【ルウェンゾリ山地 Ruwenzori Mountains】

アフリカ中央部,ウガンダ,コンゴ民主共和国(旧,ザイール)国境の山地。アフリカ大地溝帯傾動地塊で,北東から南西に走り,長さ120km,幅50km。北西斜面はセムリキ川低地に急傾斜し,南東斜面は緩傾斜する。頂部は最高峰のスタンリー山群を中心に,北東のスピーク,ゲシ,エミン,南東のベーカー,ルイジなど氷食地形のみられる6山群で構成される。古代エジプトナイル川の水源と考えられていた〈月の山〉とは,この山地を指していたと推定されるが,ヨーロッパ人による実見は,1889年のスタンリーが最初といわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルウェンゾリ山地
るうぇんぞりさんち
Ruwenzori Mountains

アフリカ中部、ウガンダ、コンゴ民主共和国(旧ザイール)国境にある山地。赤道のすぐ北に位置する。アフリカ大地溝帯に沿う傾動地塊で、非火山としてはアフリカ最高の山地である。氷河や万年雪を頂く高峰が多く、六つの山群のうち最高峰のスタンリー山は、マルゲリータ峰(5110メートル)とアレクサンドラ峰(5091メートル)の双頭である。山麓(さんろく)は熱帯雨林に覆われ、ゴリラやゾウが生息する。つねに霧に包まれて神秘性を帯び、伝説が多い。プトレマイオスの世界地図に「月の山」と記され、古くからナイル川の源とみられていたが、1889年探検家スタンリーが確認するまで謎(なぞ)が多かった。1906年イタリアのアブルッツィ公隊が初登頂に成功した。付近のバコンジョ人からは聖なる山とされている。[中村和郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルウェンゾリ山地の関連キーワードコンゴ川コンゴ盆地スワヒリ語中央アフリカ共和国バンギマウンテンゴリラコンゴシャバリンガラミュージック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone