コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルウェンゾリ山地 ルウェンゾリサンチ

4件 の用語解説(ルウェンゾリ山地の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ルウェンゾリ‐さんち【ルウェンゾリ山地】

Ruwenzori Mountains》アフリカ中部、コンゴ民主共和国とウガンダとの国境にある山地。大地溝帯に沿う六つの山群からなり、最高峰は標高5110メートルマルゲリータ山赤道直下にあるが、万年雪をいただき、氷河が発達。1889年にH=M=スタンリーが到達。山麓を含む一帯が1994年にルウェンゾリ山地国立公園の名称で世界遺産自然遺産)に登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ルウェンゾリ山地【ルウェンゾリさんち】

ルベンゾリとも。アフリカ中部,コンゴ民主共和国ウガンダとの国境にある山地。標高4500〜5000m級の高峰が六つあり,最高峰はマルゲリータ山(5110m)。雪線は標高4400mで氷河が発達している。
→関連項目ウガンダ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルウェンゾリさんち【ルウェンゾリ山地 Ruwenzori Mountains】

アフリカ中央部,ウガンダ,コンゴ民主共和国(旧,ザイール)国境の山地。アフリカ大地溝帯傾動地塊で,北東から南西に走り,長さ120km,幅50km。北西斜面はセムリキ川低地に急傾斜し,南東斜面は緩傾斜する。頂部は最高峰のスタンリー山群を中心に,北東のスピーク,ゲシ,エミン,南東のベーカー,ルイジなど氷食地形のみられる6山群で構成される。古代エジプトナイル川の水源と考えられていた〈月の山〉とは,この山地を指していたと推定されるが,ヨーロッパ人による実見は,1889年のスタンリーが最初といわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルウェンゾリ山地
るうぇんぞりさんち
Ruwenzori Mountains

アフリカ中部、ウガンダ、コンゴ民主共和国(旧ザイール)国境にある山地。赤道のすぐ北に位置する。アフリカ大地溝帯に沿う傾動地塊で、非火山としてはアフリカ最高の山地である。氷河や万年雪を頂く高峰が多く、六つの山群のうち最高峰のスタンリー山は、マルゲリータ峰(5110メートル)とアレクサンドラ峰(5091メートル)の双頭である。山麓(さんろく)は熱帯雨林に覆われ、ゴリラやゾウが生息する。つねに霧に包まれて神秘性を帯び、伝説が多い。プトレマイオスの世界地図に「月の山」と記され、古くからナイル川の源とみられていたが、1889年探検家スタンリーが確認するまで謎(なぞ)が多かった。1906年イタリアのアブルッツィ公隊が初登頂に成功した。付近のバコンジョ人からは聖なる山とされている。[中村和郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ルウェンゾリ山地の関連キーワードアパラチア山脈ホワイト山地コーカサス山脈エルブルズ山脈ウルグル山地マルチ山脈スノーウィー山地エルズワース山地ニルギリ山地コハラ山地

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone