ルカによる福音書(読み)ルカによるふくいんしょ(英語表記)Kata Loukan; The Gospel According to Luke

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルカによる福音書
ルカによるふくいんしょ
Kata Loukan; The Gospel According to Luke

新約聖書4福音書の一つ。マタイマルコ福音書とともに共観福音書をなす。『マルコによる福音書』を枠組みとし,イエスの生誕,少年期復活の記録およびそのほかルカ固有の個所を除いてはマタイと類似ないしほとんど逐語的同一性を示す語句が多く,両者に共通の資料を想定させる (2資料説) 。その基調は普遍主義的であり,イエスは「異邦人を照す光」とされる。一般に『使徒行伝』と同一作者によるとされ,それに『行伝』の一人称記録の部分を考慮にいれれば,パウロの同行者ルカの作とする伝承もあながち否定しえない。『行伝』にパウロ書簡の影響のないことから 80年以降の著作とは考えにくい。上限はエルサレム陥落 (70) とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルカによるふくいんしょ【ルカによる福音書 Gospel according to Luke】

新約聖書の一つ。パウロの同労者であった医者ルカにちなんで呼ばれるが実際の著者名は不詳である。後90年ころの成立で,特定の個人〈テオピロ閣下〉に献呈されている。その献辞(1:1~4)が示すように,著者はイエスの歴史を〈順序正しく書く〉歴史家であろうとしている。《マルコによる福音書》,イエスの語録集など彼が手にしていた資料をこの視点から編集し,かつ当時の世界史との関連づけ(2:1,3:1)も行っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ルカによるふくいんしょ【ルカによる福音書】

新約聖書第三書。四福音書の一つ。ルカ著。八〇年代に成立。イエスの生涯と教えを詳述し、キリスト教の真理性を史実に基づいて証明しようとしたもの。文学的にもすぐれた叙述で、最も美しい福音書といわれる。ルカ伝。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のルカによる福音書の言及

【福音書】より

…後2世紀以後の呼称で,イエスの言葉と業(わざ)を相互に連関させ,その死にいたるまでを叙述する文書を指す。最古の《マルコによる福音書》は後70年ころ,《マタイによる福音書》と《ルカによる福音書》が80‐90年,《ヨハネによる福音書》が100年ころの成立と考えられる。〈……による福音書〉という語法には,元来一つであるべきイエスの救いの〈福音〉を異なる複数の視点から表現するものという意味が含まれる。…

【ルカ】より

…パウロの真正の手紙ではない《テモテへの第2の手紙》も,ルカが獄中でパウロとともにあったと記しているが,詳細は不明である。ルカの名まえに関心が寄せられるのは,彼が新約聖書中の《ルカによる福音書》および《使徒行伝》の著者ではないかとしばしば推測されるからである。そのことの最古の証言は2世紀後半の〈ムラトリ正典〉断片であり,同時代のエイレナイオスもそう考えている(《異端反駁》)。…

※「ルカによる福音書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android