コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルテイン ルテイン lutein

翻訳|lutein

4件 の用語解説(ルテインの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルテイン
ルテイン
lutein

化学式 C40H56O2水酸基を有するカロテノイドの一種。植物の緑葉中にカロテンとともに多量に存在する。またカナリアの羽の色素でもある。紫色柱状晶,融点 193℃。水に不溶,有機溶媒に可溶である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ルテイン(lutein)

緑黄色野菜卵黄黄体黄斑などに多く含まれる、黄色の色素。カロテノイドの一種。抗酸化作用があり、青色光を吸収する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ルテイン

 (1) →黄体,(2) →キサントフィル(2)

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ルテイン【lutein】

カロテノイドの一種。ほうれん草、からし菜、ブロッコリー、ケールなどの緑黄色野菜に豊富に含まれる黄色色素。目の働きに深く関与し、眼球内の網膜中央部にある、物体を認識する視力をつかさどる黄斑(おうはん)の変性を防止して視力を回復させる働きをもつほか、抗酸化作用、白内障の予防、細胞の老化防止、活性酸素の抑制、抗がん作用などに効果が期待できる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のルテインの言及

【カロチノイド】より

…酸素を含まないもの(炭化水素)と含むもの(アルコール,ケトン,エーテル,アルデヒド,エポキシド,カルボン酸)に大別される。前者はカロチン,リコピン,後者にはルテイン,クリプトキサンチン,ゼアキサンチン,フコキサンチン,ビキシン,ロドキサンチンがある。水に不溶で脂肪を溶かす溶剤によくとけ酸化されやすく不安定。…

【キサントフィル】より

…ホオズキ,トウガラシの実の色,卵黄,魚卵,哺乳類の卵巣の黄体などの色はこの色素による。狭義にはルテインluteinで分子式はC40H56O2であり,水酸基をもつゼアキサンチンzeaxanthin,クリプトキサンチンcryptoxanthin,ケト基を有するロドキサンチンrhodoxanthinなどが知られている。葉緑体に含まれるキサントフィル類は光合成の補助色素として,吸収した光のエネルギーをクロロフィルに伝え光合成の効率を高めている。…

※「ルテイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルテインの関連キーワードカロテノイドカロテンフコキサンチンβカロテンβcaroteneシマナーアントキサンチンゼアキサンチンテトラテルペノイドフラボキサンチン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルテインの関連情報