コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルビア ルビア Rubbia, Carlo

3件 の用語解説(ルビアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルビア
ルビア
Rubbia, Carlo

[生]1934.3.31. ゴリツィア
イタリア物理学者。1957年ピサ大学で博士号を取得。アメリカ合衆国コロンビア大学研究員を経て,1960年ローマ大学教授,1962年ヨーロッパ原子核研究機関セルン CERN)の上席物理学者となり,1970年からアメリカハーバード大学物理学教授を兼任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ルビア

イタリアの物理学者。ファン・デル・メーアとともにCERNでのウィークボソンの発見をもたらしたプロジェクトリーダー。その功績により,1984年ノーベル物理学賞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルビア
るびあ
Carlo Rubbia
(1934― )

イタリアの物理学者。スロベニアとの国境沿いにあるゴリツィアに生まれる。ピサ大学で物理学を学び、1958年に宇宙線の実験研究で博士号を取得した。渡米してコロンビア大学の研究員となったが、1960年イタリアに戻りローマ大学で研究を続けた。さらに同年スイスジュネーブにあるヨーロッパ原子核研究機構(CERN(セルン))に移り、1989年から所長を5年間務めた。また1970年から1988年まで、ハーバード大学の物理学教授を兼任した。
 大学時代から一貫して高エネルギー物理学の研究を行ったが、とくにCERNにおいて、実験グループのリーダーとして活躍した。素粒子間に働く相互作用のうち、弱い相互作用は弱ボソンweak bosonの媒介により生ずることが理論づけられ、そのボソンはW粒子およびZ粒子とよばれた。ルビアの研究グループは、強力な加速器を用いて、陽子と反陽子とを衝突させる実験に取り組み、1982年に100万件に及ぶ衝突事例を解析した結果、W粒子を発見することに成功した。さらに翌1983年にはZ粒子も発見した。この業績によって、ルビアは1984年のノーベル物理学賞を受賞した。W粒子およびZ粒子発見のときに使用された装置を開発したバン・デル・メールも共同受賞した。[編集部]
『ガリー・トーブス著、高橋真理子・溝江昌吾訳『ノーベル賞を獲った男――カルロ・ルビアと素粒子物理学の最前線』(1988・朝日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルビアの関連キーワードゴリツィアコツィア広場ツィア島ノバゴリツァスペツィアル《ガリツィア・ボルイニ年代記》ゴリツィン,V.V.パトリツィアーパトリツィアートクリツィアウォーモ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルビアの関連情報