コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルフィヌス ルフィヌス Rufinus, Flavius

3件 の用語解説(ルフィヌスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルフィヌス
ルフィヌス
Rufinus, Flavius

[生]?
[没]395.11.27. コンスタンチノープル
ローマ皇帝アルカディウスの宰相。ガリア人。先帝テオドシウス1世ルフィヌスを息子アルカディウスの第1の後見人として指名したが,まもなくもう1人の息子ホノリウスの後見人とされた西ローマ軍の司令官 F.スチリコと対立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ルフィヌス
ルフィヌス
Rufinus, Tyrannius

[生]345頃.アキレイア近郊コンコルディア
[没]410/411. メッシナ近郊
キリスト教の司教,翻訳者,著述家。ローマで学び,ヒエロニムスと親交を結び,20歳のときアキレイアで修道士となった。 373年エジプトに旅してオリゲネスの神学を知った。 378年パレスチナにおもむき,修道院を建て,司祭となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ルフィヌス【Flavius Rufinus】

?‐395
後期ローマ帝国の文官。ガリア出身であったが,テオドシウス1世に登用され,東ローマ政府で388‐392年書記官長,392年コンスル,392‐395年オリエンス道長官を歴任。394年エウゲニウス討伐戦に出立するテオドシウスから長子アルカディウスの後見をゆだねられ,同帝没(395年1月)後は帝国東部の実質的な統治者となるが,すぐに西政府の実権者スティリコと対立。スティリコと東ローマ宮廷の宦官エウトロピウスの共謀により,ゴート人将校ガイナスGainasの手で殺害された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルフィヌスの関連キーワード神聖ローマ帝国東ローマ帝国羅馬Λάρισα古代ローマ帝国中世ローマ帝国弓削達アエギディウスローマ・ガラス《ローマ帝国の大権に関する覚書》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone