コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルモアーヌ Lemoine, Clément-Joseph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルモアーヌ
Lemoine, Clément-Joseph

[生]1869.8.29. レンヌ
[没]1941.8.10. 東京
フランスのカトリック司祭。パリ外国宣教会所属。 1894年来日,名古屋で布教。 98年東京に移り月刊誌天地人』を発行,文書伝道に専念した。三才社を建て,出版活動やフランス語書籍の販売を行い,『天地人』廃刊後『声』誌を編集した。

ルモアーヌ
Lemoyne (Le Moine), François

[生]1688. パリ
[没]1737.6.4. パリ
フランスの画家。 1718年王立アカデミー会員。 23年イタリアに留学。帰国後サン・シュルピス聖堂のラ・ビェルジェ礼拝堂に『聖母昇天』 (1731~32) ,ベルサイユ宮のヘラクレスの間の天井に大装飾画を制作 (33~36) 。 33年王立アカデミー教授,36年ルイ 15世の首席宮廷画家となり,おもに神話を題材として優美な装飾画を描いた。

ルモアーヌ
Lemoyne, Jean-Baptiste

[生]1704.2.15. パリ
[没]1778.5.25. パリ
フランスの彫刻家。彫刻家の父ジャン・ルイ・ルモアーヌに彫刻の手ほどきを受けたあと,ル・ローレンに師事。ルイ 15世に仕え,バロック様式ロココ的優雅を加味し,ロココ時代の代表的な彫刻家の一人となった。主要作品『バリエール侯』 (ベルサイユ宮殿) ,『ダシジュビル嬢』 (1761,テアトル・フランセ) ,『モンテスキューの肖像』 (67,ルーブル美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ルモアーヌ Lemoine, Clément Joseph

1869-1941 フランスの宣教師。
1869年8月29日生まれ。明治27年(1894)パリ外国宣教会から派遣されて来日,名古屋,岐阜などで布教する。31年東京にフランス図書販売の三才社を創立し,雑誌「天地人」「声」を主宰。37年日本紹介の仏文雑誌「Mélanges japonais」を発行。横浜山手教会司祭,戸塚の聖母の園司祭をつとめた。昭和16年8月10日東京で死去。71歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ルモアーヌの関連キーワードプルースト(Marcel Proust)ナトアールファルコネパジューブーシェピガール宣教師モリネ

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android