コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーデンドルフ ルーデンドルフ Ludendorff, Erich

5件 の用語解説(ルーデンドルフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルーデンドルフ
ルーデンドルフ
Ludendorff, Erich

[生]1865.4.9. ポーゼン近郊
[没]1937.12.20. ミュンヘン近郊
ドイツの軍人。ポーランドの貧しい地主の家に生れた。第1次世界大戦の勃発とともに第2軍補給総監に任命され,西部戦線ベルギーリエージュ要塞を占領。次いで 1914年 P.フォン・ヒンデンブルクを司令官とする第8軍参謀長となり東部戦線に転出,同年8月タンネンベルクで大勝,16年8月参謀次長としてヒンデンブルク参謀総長とともに次第に政治の中枢に進出,T.ベートマン・ホルウェーク宰相の失脚後,事実上の「軍事独裁」を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ルーデンドルフ(Erich Ludendorff)

[1865~1937]ドイツの軍人。第一次大戦ではヒンデンブルクのもとで参謀次長に就任、事実上の戦争指導者となった。大戦後はナチスミュンヘン一揆(いっき)に参画。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ルーデンドルフ

ドイツの軍人。戦術家としてすぐれ,常にヒンデンブルクを補佐し,第1次大戦ではタンネンベルクの戦など多くの作戦を指揮,1916年―1918年参謀次長としてヒンデンブルクと強力な軍事独裁を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ルーデンドルフ【Erich Ludendorff】

1865‐1937
ドイツの軍人。第1次世界大戦前,軍備拡張を主張し,テクノクラート型の有能な参謀将校として昇進,大戦勃発とともに西部戦線でリエージュ攻略に成功,その後東部第8軍参謀長となってヒンデンブルクを助け,タンネンベルクの戦に勝利して名を挙げた。1916年ヒンデンブルクとともに最高軍司令部に移り,参謀次長として大戦後期の総力戦体制を実質的に指導,軍部独裁を確立した。18年9月,敗北を認め,政府に休戦・講和を要求,10月退任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルーデンドルフ
るーでんどるふ
Erich Ludendorff
(1865―1937)

ドイツの軍人。貴族出身が優位にあるドイツ第二帝政の陸軍将校団にあって、非貴族出身の近代的テクノクラート型の参謀将校の代表的一人として知られ、陸軍拡張を主張した。第一次世界大戦では初戦に西部戦線でリエージュ攻略を指導した。その後、東部第8軍参謀長に転じ、ヒンデンブルクの下で、タンネンベルクの戦いロシア軍に大勝した。1916年8月、ヒンデンブルクとともに第三次最高軍司令部を構成、新設の第一幕僚長の職につき、実質的に参謀総長の役割を果たした。総力戦体制確立を推進し、政治にも積極的に介入して宰相ベートマン・ホルウェークを失脚させるなど、ルーデンドルフ独裁とよばれる強力な指導を発動した。1918年9月、ドイツの軍事的勝利の見込みがないことを認め、政府に講和交渉を急がせたが、10月末に解任された。ドイツ革命時には一時国外に逃れていたが、帰国後、国粋派の指導者格になって、カップ一揆(いっき)などの反共和国的政治運動に関与し、1923年11月のヒトラー一揆にも参加したが、裁判では無罪となった。1925年ナチスなどに推され、大統領選に出馬したが敗れ、国会議員を1928年まで務めたのち、政界から退いた。晩年は民族刷新を唱えるゲルマン的新宗教運動に入った。彼の総力戦論および第一次世界大戦時の戦争体制は、戦前の日本にも紹介され、軍部などに少なからぬ影響を与えている。[木村靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のルーデンドルフの言及

【国家総動員】より

…イギリスでは政治家が国家総動員を推進したのにたいして,ドイツでは軍人が担当した。封鎖されやすいドイツでは,開戦直後に実業家W.ラーテナウの指導下に戦時原料局が設立され,大工業家や銀行家の協力を得て工業原料の統制を軌道にのせていたが,1916年8月にはヒンデンブルクを参謀総長とする最高統帥部による軍事独裁が成立し,ルーデンドルフが参謀次長兼兵站総監として実権をにぎり,国家総動員を推進した。W.グレーナー中将を長官に戦時庁がつくられ,軍需産業界に巨額の融資をおこなうとともに,労働組合指導者の協力をとりつけて男子労働力の全面動員をはかる祖国補助勤務法を実行に移した。…

【第1次世界大戦】より

…開戦とともにドイツ軍はシュリーフェン計画にしたがって行動を開始し,そのためフランスとの国境の要塞を直接突破することを避け,ベルギーの中立を侵してフランスに殺到しようとしたが,ベルギー軍の抵抗は意外に頑強で,予定どおりの進撃はできなかった。 一方,サムソノフAleksandr V.Samsonov(1859‐1914)とレンネンカンプPavel K.Rennenkampf(1854‐1918)両将軍の率いるロシア軍の動員は迅速で,そのため参謀総長モルトケはP.vonヒンデンブルクとE.ルーデンドルフを急きょ起用,1914年8月23日から9日間にわたって東プロイセンのタンネンベルクで会戦し,ドイツ軍はロシア軍を包囲殲滅(せんめつ)することに成功した。けれども,タンネンベルクの戦闘のため,西部戦線の重要な右翼に配置されていた師団の一部を東部戦線に移すというように,シュリーフェン計画に変更を加えたことがその後の戦局の全体に深刻な影響を及ぼすことになり,早速9月5日から約1週間にわたって戦われた西部戦線でのマルヌ会戦では,ドイツ軍はジョッフルJoseph J.C.Joffre(1852‐1931)の率いるフランス軍の反撃を受け敗退した。…

※「ルーデンドルフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルーデンドルフの関連キーワードポーゼン相鉄ローゼンアルハーゼン西ローゼン協定リーゼントローゼンボー城メタモルフォーゼンローゼンメイデン トロイメントバイエル[会社]ローゼンブラット:アヴェ・マリア/1 piano 4 hands

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルーデンドルフの関連情報