コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レインウォーター レインウォーターRainwater, Leo James

4件 の用語解説(レインウォーターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レインウォーター
レインウォーター
Rainwater, Leo James

[生]1917.12.9. アイダホカウンシル
[没]1986.5.31. ニューヨークヨンカーズ
アメリカの実験物理学者カリフォルニア工科大学卒業 (1939) 。 1946年コロンビア大学で学位取得後,同校にとどまり,講師,助教授を経て教授 (52) 。 49年コロンビア大学で開かれたセミナーで C.H.タウンズから原子核構造に関して示唆を受け,原子核の集団運動の理論に基礎を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

レインウォーター

米国の物理学者。1939年カリフォルニア工科大学卒,1946年コロンビア大学で博士号を取得,1952年コロンビア大学教授。中性子の原子核による散乱,μ粒子原子(電子のかわりにμ(−/)粒子を持つ原子)について研究。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

レインウォーター【James Rainwater】

1917~1986) アメリカの実験物理学者。希土類元素などの原子核が球形ではなく回転楕円体形に変形することを示し、原子核の集団運動模型の基礎を築く。また、原子核の荷電半径の値を確立。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レインウォーター
れいんうぉーたー
James Rainwater
(1917―1986)

アメリカの物理学者。アイダホ州カウンシルに生まれる。カリフォルニア工科大学で物理学を専攻し1939年卒業。コロンビア大学に移り、1946年に博士号を取得後も大学に残り、1949年准教授、1952年教授となった。その間、第二次世界大戦中はマンハッタン計画原子爆弾製造計画)に参加している。1951年から1953年、1956年から1961年と、二度にわたりコロンビア大学ネビス・シンクロトロン研究所の所長を務めた。
 原子核の構造について研究を行い、1950年に新しい理論を発表した。その理論とは、原子核を構成している核子は、大多数が核の内部に、残りの少数が核の外部にあるとし、それぞれの核子が集団を形成し、互いに作用しあって原子核の変形をもたらす、というものであった。これはのちに、デンマークのA.ボーアとモッテルソンによって実験的に検証された。1975年に「原子核の集団運動模型の発見と原子核構造理論の発展」により、ボーア、モッテルソンとともにノーベル物理学賞を受賞した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

レインウォーターの関連キーワードTGE-A型 軍用保護自動貨車三菱A型文学革命ニコライチャップリン文学革命青山胤通上条嘉門次志賀直哉フェスカ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone