コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオトー Léautaud, Paul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レオトー
Léautaud, Paul

[生]1872.1.18. パリ
[没]1956.2.22. ロバンソン
フランスの劇評家,随筆家。公立小学校を出てさまざまな職を転々としたのち,『メルキュール・ド・フランス』の編集に従事 (1908~40) 。長年雑誌に連載した劇評,劇壇の消息を集めた『モーリス・ボアサールの劇場』 Le Théâtre de Maurice Boissard (2巻,26,43) や死後出版の膨大な『文学日記』 Journal littéraireがあり,皮肉と諧謔を交えた自由闊達な批評で知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レオトー【Paul Léautaud】

1872‐1956
フランスの作家。女優の母に捨てられ,コメディ・フランセーズでプロンプターをしていた不品行な父親に育てられた。出版社メルキュール・ド・フランスで長年(1908‐40)働き,その間,名詩選《今日の詩人たち》3巻(1900‐29),小説《恋人》(1903)や短編小説集を発表する一方,モーリス・ボアサールの筆名で,《メルキュール・ド・フランス》誌,《NRF》誌,《ヌーベル・リテレール》紙などに辛辣(しんらつ)な劇評を書いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レオトー
れおとー
Paul Lautaud
(1872―1956)

フランスの批評家、日記作者。パリ生まれ。自伝的中編小説『小さな友』(1902)で文壇にデビュー。ついで、やはり自己の体験に基づく『記念のために』(1905)、『さまざまな愛』(1906)を発表するが、以後小説の筆を折り、『メルキュール・ド・フランス』誌の劇評執筆をきっかけに同誌編集員となり(1908)、30年余にわたって劇評以外にも種々のコラムを担当、狷介(けんかい)、辛辣(しんらつ)な批評家として知られた。しかし、彼の名を不朽にしたのは、最晩年から死後にかけて刊行された『文学日記』Journal littraire 19巻(1954~66)で、これは19世紀末から20世紀前半に及ぶフランス文壇裏面史に関する詳細な見聞の記録である。[長澤孝廣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レオトーの関連キーワードコメディ・フランセーズマルセル シュウォブ1月18日

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android