コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レジェ Léger, Fernand

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レジェ
Léger, Fernand

[生]1881.2.4. アルジャンタン
[没]1955.8.17. ジフシュルイブット
フランスの画家建築家を志したが,1900年パリに出て画家に転向。 10年頃からキュビスムに傾倒し風景,人間を円筒形 (チューブ) に還元して描いたためチュビストとも呼ばれた。 17年から機械文明のダイナミズム賛美が顕著となり,25年ル・コルビュジエによるエスプリ・ヌーボー館に壁画を制作。さらに版画,モザイクタペストリーなども精力的に手がけた。第2次世界大戦中はアメリカに住み,ジャズや都会生活の活気を好んだ。戦後は人物群像が多い。前衛映画『バレエ・メカニック』 (1924) の作者としても知られる。 60年ビオにレジェ美術館が設立された。主要作品『室内の女たち』 (22,パリ国立近代美術館) ,『3人の構図』 (32,同) ,『閑暇』 (48~49,同) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

レジェ(Fernand Léger)

[1881~1955]フランスの画家。キュビスムから出発。のち、明快な構図の装飾的画風により、現代社会における機械と人間との調和をダイナミックに描いた。ステンドグラス・舞台装飾・映画製作なども行った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

レジェ

フランスの画家。ノルマンディー出身。セザンヌフォービスムの影響を受けたのち,キュビスムのグループの有力な一員となる。機械文明のダイナミズムにひかれ,力強い造形性を特色とする作品を生んだ。
→関連項目クラインデュビュッフェドアノーバウマイスターミヨー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

レジェ

株式会社パイロットコーポレーションの油性ボールペン、シャープペンシルの商品名。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レジェ【Fernand Léger】

1881‐1955
フランスの画家。キュビスム運動に重要な役割を果たした。ノルマンディーのアルジャンタンArgentan生れ。最初カンで建築を学んだ後,1900年にパリに出,装飾美術学校,アカデミー・ジュリアン等で絵画を学ぶ。07年よりセザンヌに傾倒し,それは《森の中の裸像》(1909‐10)に結実する。やがて《青衣の女》(1912)によって彼のキュビスムは幾何学的・抽象的傾向に向かう。第1次大戦の従軍体験(1914‐16)を通じて庶民の精神の強靱さと機械文明の機能美を発見する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

レジェ【Fernand Léger】

1881~1955) フランスの画家。キュービズム運動に参加したが、のち機械文明を表現するダイナミックな独自の画風をうちたて、明確な輪郭線と純色で力強い表現を行なった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レジェ
れじぇ
Fernand Lger
(1881―1955)

フランスの画家。キュビスム運動の一員としていわゆるダイナミック・キュビスムの開発に重要な役割を果たし、のちには機械と人間とが調和する現代生活を描くユニークな画風で20世紀美術に独自なイメージを生み出した。ノルマンディーのアルジャンタンに生まれる。カンで建築を修業、1900年パリに出、やはり建築家、写真家のもとで生計をたてつつ、1903年兵役終了後パリ装飾美術学校に入学、同時にエコール・デ・ボザールのレオン・ジェロームの教室、アカデミー・ジュリアンにも学ぶ。1904年および1907年のサロン・ドートンヌのセザンヌ展に刺激され、他方、ロベール・ドローネー、アポリネールたちとの接触によってキュビスムにも接近し、その成果が1909~10年制作の『森のなかの裸体』(オッテルロー、クレラー・ミュラー美術館)として発表される。その後も、色彩とダイナミズムを重視するキュビスムをドローネーたちとともに展開させる。
 1912年カーンワイラー画廊で最初の個展、第一次世界大戦に従軍、毒ガスのため入院。戦後の1918~23年は「メカニックな時期」と名づけられるロボット風の形、歯車などの機械的なイメージによる形態と色彩の対照と調和を求める。1919年の『都市』(パリ市立近代美術館)がその代表作。その後、しだいに彼の抽象的な形態に人体が入り込み、作風もモニュメンタルな大きさを求める。1924~27年はオザンファンたちとともにピューリスムを追求、1925年にはピューリスムの創始者の一人ル・コルビュジエのエスプリ・ヌーボー館の壁画を制作。また映画、写真に興味をもち、マン・レイたちの協力を得て映画『バレエ・メカニック』(1924)を制作、純粋に造形的な関心、とりわけ「オブジェ」への関心を示している。
 第二次大戦中の1940~45年には、フランスを離れアメリカで制作、戦後フランスに帰国、サイクリスト、サーカス、ピクニックなど、現代生活の明るさをテーマに、平たい色面、太い有機的な曲線、明快な色彩の対照によって構成される大画面を数多く制作、そのなかにはニューヨークの国連本部大ホールの壁画(1952)がある。陶器、版画、モザイクなどにも多彩な活動を示し、パリ近郊のジフ・シュル・イベットに没。1960年、彼が陶芸のアトリエを構えていた南仏ビオにレジェ美術館(1967年、国家にコレクションとともに寄贈され、現在国立)が設立された。[中山公男]
『W・シュマーレンバッハ著、八重樫春樹訳『レジェ』(1978・美術出版社) ▽瀬木慎一解説『現代世界美術全集15 ブラック/レジェ』(1972・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のレジェの言及

【アニメーション映画】より

… 70年代に入って,ラルフ・バクシがポルノと暴力というアクチュアルな要素をとり込んだ,おとな向けの《フリッツ・ザ・キャット》(1972)や,登場人物のライブ・アクション(実写)をグラフィックに処理して,新しい映像効果をねらった〈ロートスコーピング技法〉による《指輪物語》(1978)などで試行錯誤を重ねつつも長編アニメに挑戦している。
[アバンギャルドとフランスのアニメ]
 フランスでは,漫画映画のジャンルを確立したE.コールのあと,1920年代にアバンギャルド運動とともに,画家のF.レジェによる実験アニメ《バレエ・メカニック》(1925)などが生まれ,同じ時期にドイツのオスカー・フィッシンガー,ワルター・ルットマン,ハンス・リヒター,ユリウス・ピンシェウワー,スウェーデンのビギング・エゲリングといった画家たちが,例えば音楽と図形がシンクロナイズするようなアブストラクト・アート(抽象映画)を発表した。これは,以降のドイツのロッテ・ライニガーの世界最初の影絵アニメ《アクメッド王子の冒険》(1926),フランスのアレクサンドル・アレクセイエフの〈ピン・スクリーン〉《禿山の一夜》(1933),エクトル・オッパンとアントニー・グロスの実験的な《生きる歓び》(1936)などへと続く流れの源流で,アニメーションを漫画=大衆娯楽として発達させたアメリカとは対照的に,あくまでも純粋な美術的表現技術として受け止めたヨーロッパ的傾向が,このあたりからすでに際だって見られる。…

【アバンギャルド】より

…マレとビョルリンは当時の音楽,美術,文学の最も前衛的な傾向を取り入れて,バレエそのものを拡大していくことを決意した。彼らの協力者は,作曲家のミヨー,オネゲル,サティ,カセラ,美術家のボナール,レジェ,ピカビア,キリコ,文学者のクローデル,コクトー,ピランデロらであり,未来主義,ダダ,シュルレアリスムなどの流れがバレエという枠組みの上で衝突することになる。バレエ・シュエドアは24年までに24本の作品を上演したが,ビョルリンがそのすべての振付を担当した。…

※「レジェ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レジェの関連キーワードブルジョア(Louise Bourgeois)マリア・エレナ ヴィエラ・ダ・シルヴァリチャード スタンキビッチヴィリー バウマイスターR. リクテンスタインエドゥワール ピニョンサン・ジョン・ペルスウィリアム クラインマッシモ カンピーリサン・ジョン・ペルスバレエ・スエドアシンキチ タジリリクテンスタインアスガー ヨルンジョン パイパーレオン ジスシアカーンバイラーひろしま美術館ベルン美術館オルフィスム

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レジェの関連情報