コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レストン レストン Reston, James Barrett

4件 の用語解説(レストンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レストン
レストン
Reston, James Barrett

[生]1909.11.3. スコットランドダンバートンシャークライドバンク
[没]1995.12.6. アメリカワシントンD.C.
スコットランド生れのアメリカのジャーナリスト。『ニューヨーク・タイムズ』紙の名コラムニストで社宝といわれた。 1920年アメリカに移住。 32年イリノイ州立大学を卒業し,34年 AP通信に入社した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

レストン

米国のジャーナリスト。スコットランド生れ。家族とともに11歳のとき米国へ移住。APの記者を経て1939年《ニューヨークタイムズ》に入社,地道で巧妙な取材で数々のスクープをものにし,2度,ピュリッツァー賞を受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

レストン【James Barrett Reston】

1909‐95
アメリカのジャーナリスト。スコットランドのグラスゴー近郊で生まれたが,11歳のとき家族とともにアメリカに移住した。1932年イリノイ大学を卒業後,オハイオ州ジャーナリズム関係の仕事につくが,34年AP通信社に入社。ロンドン支局勤務を経て,39年には《ニューヨーク・タイムズ》に移る。ロンドン支局長の時代に,イギリス市民の平静な戦中生活に感銘を受け,41年ワシントン支局(1946年支局長)に移ると,戦時情報局(QWI)の設置に協力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レストン
れすとん
James Barrett Reston
(1909―1995)

アメリカのジャーナリスト。スコットランド生まれ。10歳のときアメリカに移住。1932年イリノイ大学卒業後、オハイオ州の地方紙で記者生活をスタート。1934年からAP通信のスポーツ記者、ロンドン支局員を経て、1939年以後『ニューヨーク・タイムズ』紙の政治記者として活躍する。1945年、1957年の二度ピュリッツァー賞を受賞。ワシントン支局長(1953)、主筆(1968)、編集担当副社長(1969)を歴任し、1973年から政治コラムニストとして週1回『ニューヨーク・タイムズ』紙に執筆、その評論は大きな影響力をもった。『うたかたの記』『新聞と政治の対決』(ともに1967)などの著書がある。[鈴木ケイ]
『名倉礼子訳『新聞と政治の対決』(1967・鹿島研究所出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レストンの関連キーワード国際ジャーナリスト連盟スコットランドヤードジャーナリスティックジャーナリストフォトジャーナリストフォトジャーナリズムスポーツジャーナリストアメリカの空スコットランド室内管弦楽団スコットランド風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レストンの関連情報