巧妙(読み)こうみょう

精選版 日本国語大辞典「巧妙」の解説

こう‐みょう カウメウ【巧妙】

〘名〙 (形動) ひじょうにみなこと。また、そのさま。きょうみょう。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉二「この機器の巧妙(〈注〉タクミ)にて驚くべきことに於ては、殆んど言語に絶したり」 〔北史‐崔浩伝〕

きょう‐みょう ケウメウ【巧妙】

〘名〙 (形動) (「きょう」は「巧」の呉音。「ぎょうみょう」とも) =こうみょう(巧妙)
※禅鳳雑談(1513頃)中「禅阿彌はさりとては上手。されども、くせ候てきょふめうにて候間」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「巧妙」の解説

こう‐みょう〔カウメウ〕【巧妙】

[名・形動]非常に巧みであること。また、そのさま。「巧妙な手口」「巧妙に立ち回る」
[派生]こうみょうさ[名]
[類語]賢い上手巧みうまい絶妙老巧達者器用得手素晴らしい素敵すてき見事みごと立派最高卓抜秀逸結構目覚ましい輝かしいたえなるえも言われぬ上出来上上物の見事結構尽くめ何より・申し分が無い・言う事無し天晴れナイスワンダフル・目の覚めるよう・目に染みる冴える水際立つ敏腕辣腕特技専売特許得意売り物十八番おはこお家芸お株お手の物堪能巧者得手物多才潰しが利くくする腕が立つ腕利き腕こき腕っこき手練てだれ手利き名人達人名手妙手エキスパート巨星巨匠名匠名工大家たいか権威第一人者泰斗たいと耆宿きしゅく大御所おおごしょオーソリティー巧手怪腕凄腕腕達者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「巧妙」の解説

【巧妙】こうみよう(かうめう)

すぐれて上手。〔華清湯池記〕安祿山に於て白玉石を以て魚鳬雁(ふがん)を爲(つく)る。~雕鐫(てうしゆん)巧妙にして、殆ど人工に非ず。

字通「巧」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android