コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レフコウィッツ Lefkowitz, Robert J.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レフコウィッツ
Lefkowitz, Robert J.

[生]1943.4.15. ニューヨーク,ブロンクス
アメリカ合衆国の医師,分子生物学者。フルネーム Robert Joseph Lefkowitz。1962年コロンビア大学で化学学士号を取得後,心臓内科医を志して 同大学医科大学院で学び,1966年医学博士号を取得。ベトナム戦争中に軍務に従事したことを契機にアメリカの国立衛生研究所 NIHに勤務し,アドレナリン受容体(→アドレナリン)の研究に出会う。マサチューセッツ総合病院を経て 1973年からデューク大学に勤務し,1977年教授,1982年ジェームズ・B.デューク教授職につく。1976年からハワード・ヒューズ医学研究所研究員も務める。デューク大学で,放射性物質標識を使ってβアドレナリン受容体蛋白質をつきとめ,さらに受容体がグアノシン三リン酸 GTP結合蛋白質(G蛋白質)と複合体をつくることがわかった。1984年,自身の研究室にブライアン・K.コビルカが加わり,受容体の遺伝子探索に力を入れた結果,1986年にβアドレナリン受容体遺伝子を釣り上げることに成功した。2012年,外部からの情報を細胞内部に伝える働きをする G蛋白質共役受容体 GPCRについて画期的な研究をした功績により,コビルカとともにノーベル化学賞を受賞した。GPCRは細胞膜表面にある受容体の一大グループの総称で,2人はその概念を確立し,代表的存在であるβアドレナリン受容体などを単離し,さらに特徴的な遺伝子構造も明らかにした。1988年にアメリカ科学アカデミー,アメリカ芸術科学アカデミーの会員に選ばれた。2007年にショー賞,ナショナル・メダル・オブ・サイエンスを受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レフコウィッツの関連キーワードレジスタンス文学太平洋戦争マキノ雅広第2次世界大戦ロン=ティボー国際音楽コンクール第2次世界大戦育英制度木下恵介呉昌征サン・テグジュペリ

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android