コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーガノミクス レーガノミクスReaganomics

翻訳|Reaganomics

3件 の用語解説(レーガノミクスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

レーガノミクス(Reaganomics)

《「レーガノミックス」とも》米国のレーガン政権のとった経済政策サプライサイド(供給力)重視の立場から、減税・財政支出削減・規制撤廃などを進めた。当初は巨額の財政赤字と貿易赤字を生んだが、1990年代の米国経済繁栄の基礎になったとも評価されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

レーガノミクス

米国のレーガン政権が1981年からかかげた自由主義経済政策。米国の財政制度が労働者の労働意欲を減退させ,貯蓄率を低下させると同時に,企業の設備投資に対する意欲を阻害しているという主張から,市場原理民間活力を重視し歳出削減と減税を含む貯蓄刺激政策を採ったが,結果的には貯蓄率の低下とそれに伴う設備投資の停滞,財政赤字の拡大と対外債務の増大という事態となった。
→関連項目ラッファー曲線

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーガノミクス
Reaganomics

1981年,アメリカ合衆国大統領に就任したロナルド・W.レーガンアメリカ経済の再生を目指して掲げた一連の経済政策の通称。その大要は 1981年2月に発表したレーガンの経済再生計画にあるように,(1) 政府支出の伸びの大幅抑制,(2) 大幅減税,(3) 規制緩和ディレギュレーション),(4) 安定的金融政策を 4本柱としており,サプライ・サイド経済学マネタリズム市場メカニズムを重視する新自由主義に基づいている。インフレーションの抑制と雇用の改善にはほぼ成功したが,同時に実施された軍事支出の大幅増と相まって財政赤字と貿易赤字の拡大をもたらし(→双子の赤字),全体としては目標を達成したとはいえず,レーガン政権の 2期目からは事実上放棄されていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レーガノミクスの関連情報