コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロアンヌ Roanne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロアンヌ
Roanne

フランス南東部,ロアール県にある都市。マシフサントラル (中央山地) の北東部,ロアール川上流の谷の開口部に位置する工業都市。古くから綿織物業の中心として発展した町で,近代になって付近に産する石炭により繊維工業のほかに機械,金属などの工業も発達した。リヨン-サンテティエンヌ工業地帯に属する。先史学者 J.デシュレットの出身地で,彼を記念した博物館がある。人口4万 2848 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ロアンヌ

株式会社ブルボンが販売する菓子の商品名。ゴーフレットにクリームを挟んでいる。バニラとチョコの2種類を詰め合わせたアソート商品。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロアンヌ
ろあんぬ
Roanne

フランス中東部、ロアール県の副県都。リヨンの北西87キロメートル、ロアール川上流沿岸に位置する。人口3万8896(1999)。織物(靴下、化学繊維)、機械、製紙、タイヤなどの工業都市。先史時代およびガロ・ローマ期の遺物を所蔵するジョゼフ・デシュレット博物館がある。ローマ時代にはロドゥムナRodumnaとよばれた。1725年よりフランス領。[大嶽幸彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ロアンヌの関連キーワードジャン・ピエール ジュネミッシェル トロワグロピエール トロワグロジェラール ウリエ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロアンヌの関連情報