コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロアンヌ ロアンヌ Roanne

3件 の用語解説(ロアンヌの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロアンヌ
ロアンヌ
Roanne

フランス南東部,ロアール県にある都市。マシフサントラル (中央山地) の北東部,ロアール川上流の谷の開口部に位置する工業都市。古くから綿織物業の中心として発展した町で,近代になって付近に産する石炭により繊維工業のほかに機械,金属などの工業も発達した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ロアンヌ

株式会社ブルボンが販売する菓子の商品名。ゴーフレットにクリームを挟んでいる。バニラチョコの2種類を詰め合わせたアソート商品。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロアンヌ
ろあんぬ
Roanne

フランス中東部、ロアール県の副県都。リヨンの北西87キロメートル、ロアール川上流沿岸に位置する。人口3万8896(1999)。織物(靴下、化学繊維)、機械、製紙、タイヤなどの工業都市。先史時代およびガロ・ローマ期の遺物を所蔵するジョゼフ・デシュレット博物館がある。ローマ時代にはロドゥムナRodumnaとよばれた。1725年よりフランス領。[大嶽幸彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロアンヌの関連キーワードイエールバンスロアール川アゼールリドー城クロアゼット通りサナリーシュルメールトロアバレールカネペイドラロアールトゥーレーヌ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロアンヌの関連情報