コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイス ロイス Royce, Josiah

7件 の用語解説(ロイスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロイス
ロイス
Royce, Josiah

[生]1855.11.20. カリフォルニアグラスバレー
[没]1916.9.14. ケンブリッジ
アメリカの哲学者,教育家。カリフォルニア大学卒業後,ライプチヒゲッティンゲン,ジョンズ・ホプキンズ大学で哲学を学び,1885年ハーバード大学哲学助教授,92年教授。ドイツ観念論,特に同時代のイギリス新ヘーゲル学派の立場から,哲学のみならず,文芸批評や歴史学の分野にも貢献。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロイス
ロイス
Ruysch, Frederik

[生]1638.3.23. ハーグ
[没]1731.2.22. アムステルダム
オランダの解剖学者。ライデン大学に学び,1667年アムステルダム大学外科学講師,68年解剖学および外科学教授,85年植物学教授。死体の血管に着色した防腐液を注入して,防腐と,脈管の分布を検査する方法を創始し,みごとな解剖標本をつくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロイス
ロイス
Ruysch(Ruisch; Ruijsch), Rachel

[生]1664. アムステルダム
[没]1750.10.12. アムステルダム
オランダの女性静物画家。 W.アールストの弟子。 1701年ハーグの画家組合に肖像画家である夫 J.プールとともに登録。 1706年ジュッセルドルフ宮廷画家となった。特に花の画家として知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ロイス

米国の哲学者。ハーバード大学教授。ドイツに留学し,ドイツ観念論,特にヘーゲルから強い影響を受けた。また友人W.ジェームズにも感化され,当時の唯物論的進化思想に対して〈絶対的プラグマティズム〉〈絶対的主意主義〉を説く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ロイス【Josiah Royce】

1855‐1916
アメリカの観念論的哲学者。ハーバード大学教授。カリフォルニア州のグラス・バレーに生まれ,カリフォルニア大学で学び,ドイツに留学してライプチヒ,ゲッティンゲンで哲学を修めた。1878年にジョンズ・ホプキンズ大学で博士号を取得,同年に母校のカリフォルニア大学に帰り,当時まだ哲学の講座がなかったので英語の講師になったが,82年にW.ジェームズらによってハーバード大学哲学科に迎えられ,終生同大学で教え著作した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ロイス【Josiah Royce】

1855~1916) アメリカの哲学者。新ヘーゲル主義とプラグマティズムの影響を受け、主意主義的で一元論的な観念論を展開した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロイス
ろいす
Josiah Royce
(1855―1916)

アメリカの哲学者。カリフォルニア生まれ。カリフォルニア大学に学び、ハーバード大学助教授、ついで教授となって、傾向の異なるW・ジェームズとともに同大学哲学科の黄金時代を築いた。ロイスは結局、絶対的プラグマティストだと自称して、絶対的経験を要請し、探究を行うためには内的な意味と目的をもった絶対的な観念が必要だと考えた。『忠誠の哲学』(1908)はそのよい実例で、新渡戸稲造(にとべいなぞう)に準拠して武士道に高い評価を与えた。このような態度は、エドワーズやエマソンになかった論理的体系を初めてアメリカ観念論に与えただけでなく、数学基礎論の研究を通じてフレーゲやラッセルなどの近代論理学につながる面がある。ほかに『現代哲学の精神』(1892)、『世界と個人』(1899~1901)、『キリスト教の問題』(1913)、『現代観念論講義』(1919)などがある。さらに余技として創作の才能があり、たとえば『オークフィールドMの宿根』(1887)と題した小説を前記W・ジェームズに献じている。[鵜木奎治郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロイスの関連キーワードアメリカの学者コナントデーリーハーバード大学ラブジョイセンアメリカの影ハーバード大学卒業式レーズハーバード大学図書館

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロイスの関連情報