ロジャーズ(Richard Rogers、建築家)(読み)ろじゃーず(英語表記)Richard Rogers

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロジャーズ(Richard Rogers、建築家)
ろじゃーず
Richard Rogers
(1933― )

イタリア生まれのイギリスの建築家。フィレンツェに生まれる。4歳のときにイギリスに移住し、ロンドンのAAスクール(Architectural Association School)で建築を学ぶ。後にアメリカのエール大学に移り、ピーター・シェマイエフPeter Chermayeff(1936― )のもとで都市におけるハウジング計画論を研究。その後ロンドンに戻り、独立。初期の頃には伝統的な素材を利用した住宅等を設計する。1963年、ノーマン・フォスターらとともにチーム4を設立。フォスターとの協同作としてリライアンス・コントロール工場(1967、イギリス、ウィルトシャー県)がある。この作品は鉄骨ブレース構造(鉄骨のフレームを、斜めの部材によって補強した構造)の平屋建てで、軽量壁パネルの使用によって空間の可変性や軽量性、フレキシビリティなどが追求された。こうした方法論の試行を、ロジャーズはウィンブルドンの自邸(1969)において行っている。この頃から、イギリスのケンブリッジ大学やAAスクール、アメリカのエール大学、コーネル大学、プリンストン大学など、多くの学校で教鞭をとるようになる。

 70年にはレンゾ・ピアノと共同でパリのポンピドー・センターのコンペティションに参加し、一等入選。77年にこれを完成させる。パリの伝統的な街並みに建つポンピドー・センターは、設備の配管や構造、チューブ上のエスカレーター等がむき出しのままで外部に露出し、それらが赤や青や緑の原色で着色されて巨大な工場のような外観を呈している。6層からなるポンピドー・センターは、構造や設備を外部へと持ち出すことで、内部空間を完全なフリースペースとしており、機能の変化に対応する可変的な平面を実現させている。この過剰なメカニカル・デザインは、その後のポスト・モダニズムの流れに大きな影響を与えることになった。

 ロジャーズは、自らはほとんど図面やスケッチを描かず、人間をオーガナイズすることによって都市・建築のプロジェクトを遂行していく組織型の建築家である。ロジャーズの建築的な理念は標準化された部材の選択と組み合わせによって、軽量で可変的な建築をつくるシステムそのものを社会の要請に同調させること、すなわち、科学技術とデザインというプロセスをつき合わせようとするものであり、その点でチャールズ・イームズの方法論にも通じる。

 77年、リチャード・ロジャーズ・パートナーシップを設立。この頃の作品としては、インモス・マイクロ・プロセッサー工場(1982、イギリス、ウェールズ南東部ニューポート)、PAテクノロジー・プリンストン社屋・研究所(1986、アメリカ、ニュー・ジャージー州)などがある。これらはいずれも、鉄骨による橋梁(きょうりょう)のような吊り構造の建築で、支柱からトラス梁(ばり)(三角形状に梁をつなぎ合わせた構造体)を吊り、それによってフレキシブルな無柱空間を作り出している。さらに上部には設備の配管を露出させ、ポンピドー・センターの手法を踏襲したデザインとなっている。

 ロジャーズの、こうした表現の頂点となる作品が、ロイズ・オブ・ロンドン(1986)である。ロジャーズは80年代におけるポスト・モダニズムの潮流において、ハイテク・デザインの代表と目された建築家だったが、そうしたデザインのシンボルをなしたのがこのロイズ・オブ・ロンドンだった。ロンドン市街地に建つこの高層ビルにおいても、むき出しになった外部階段や設備の配管がメタリックな仕上げによって荒々しく表現され、それらがユニット化されて幾層も積み上げられている。また、クレーンやボルトを思わせるメカニカルな形態がデザイン要素として各所に引用され、構造と設備と外皮が意図的に分解されて、機械としての建築を過剰に表象している。

 86年には、ロンドンのロイヤル・アカデミーでの「ありうべきロンドン」London As It Could Be展に出品し、ロンドンの市街地を大規模に改変する再開発計画案を発表。90年代に入り、EUにおけるサステイナブル・デザイン(持続可能なデザイン)の隆盛を背景に、地球環境を視野に入れた都市・建築のデザインを追求するようになる。その後、都市機能を1か所へと集約させることによって環境への負荷を低減させようとするコンパクト・シティ論を積極的に展開しており、著作や講演を通した、一般市民向けの啓蒙活動も積極的に行っている。また、そうしたコンパクト・シティ論の具体化として、上海マスタープラン(1997)のプロジェクト等を発表している。

[南 泰裕]

『リチャード・ロジャース、フィリップ・グムチジャン著、手塚貴晴ほか訳『都市――この小さな惑星の』(2002・鹿島出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例